碓井広義
著者のコラム一覧
碓井広義メディア文化評論家

1955年長野県生まれ。慶應義塾大学法学部政治学科卒業。千葉商科大学大学院政策研究科博士課程修了。博士(政策研究)。81年テレビマンユニオンに参加。以後20年、ドキュメンタリーやドラマの制作を行う。代表作に「人間ドキュメント 夏目雅子物語」など。慶應義塾大学助教授などを経て2020年3月まで上智大学文学部新聞学科教 授。専門はメディア文化論。著書に「倉本聰の言葉―ドラマの中の名言」ほか。

1人2役「コピーフェイス」は栗山千秋の代表作になるか?

公開日: 更新日:

 TVリポーターのエイブリーは飛行機事故から生還するが、意識が戻った時、自分が別人になっていることを知る。キャロルという犠牲者と間違えられ、形成手術で彼女の顔にされてしまったのだ。上院議員候補の夫をもつキャロルは、かなりの悪妻だった。しかも、エイブリーは病床で聞いた「夫を殺す」という言葉を記憶していた……。

 これは26年前に全米でベストセラーとなった、サンドラ・ブラウンの小説「私でない私」である。作中のTVリポーターを雑誌記者に、議員候補夫人を病院理事長夫人に置き換えたのが、NHKドラマ10「コピーフェイス~消された私~」だ。

 記者の広沢和花(栗山千明=32)は美容外科クリニックの不正を暴こうと、理事長(佐藤隆太=36)の妻・芙有子(栗山千明)に接近していた。そして同乗した飛行機が墜落したのだ。当初、事故のショックで記憶を失っていたが、自分が記者であることを思い出す。その上で、芙有子の容姿と立場のまま、“潜入取材”を敢行中だ。

 現在、夫は妻の性格の変貌をいぶかしく思いながらも、好ましく感じ始めている。一方、何かを探っている芙有子に目を光らせる者たちもいる。主演の栗山は、ヒロインが持つ“二面性”を演じ分けるという、なかなか難しい役どころに挑戦して大健闘。もしかしたら、彼女の代表作の一本となるかもしれない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    阪神・矢野監督のトンチンカン采配 ボーア来日1号帳消しに

  2. 2

    中国の“弱点”三峡ダムが決壊の危機…世界中で株価の暴落も

  3. 3

    「栄冠は君に輝く」熱唱 久志モデル伊藤久男の数奇な人生

  4. 4

    戦慄100人超え “小池ファースト”が招く感染爆発&医療崩壊

  5. 5

    解散総選挙「自民66議席減」の衝撃メモ 首相は青ざめた?

  6. PR
    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

  7. 6

    今田美桜は“福岡NO.1”から日本一へ CM女王広瀬すずに肉薄

  8. 7

    しらじらしい決別 元産経記者ら応援団も安倍と共に去れ

  9. 8

    小規模地震多発は不気味な予兆…「大地震の相場」の復習を

  10. 9

    都職員“小池怨嗟”の声 愚策「東京アラート」後は役割放棄

  11. 10

    ガッキー知人が悩み明かす「実年齢とのギャップに違和感」

もっと見る