瀕死の病人を写メするように…医師が見たASKA報道の異常

公開日:  更新日:

「盗聴・盗撮されている。警察を呼んでくれ」と自ら110番通報した歌手のASKA容疑者(58)の衝撃の逮捕劇から1週間以上が過ぎた。

 意味不明な言動から任意で尿検査を求められ、先月28日の再逮捕直前まで身の潔白をブログでアップしたりと、奇行が目立ったが、「今回、本当に覚醒剤を再使用していたと仮定しての話ですが、逮捕の際の奇妙な言動から推測すると、もしかしたら、前回の逮捕以来、かなり真面目に薬を断っていたのかもしれません」と語るのは薬物依存治療の第一人者で、国立精神・神経医療研究センター薬物依存研究部部長の松本俊彦医師だ。

 松本医師によると禁酒していて久しぶりに酒を飲むとひどく酔うのと同じような状態が覚醒剤でも起こるそうで、「しばらく覚醒剤を完全にやめた状態でいたところに、久しぶりに使用すると、少量でも覚醒剤の反応が大きく出て、『監視されている』『盗聴されている』『追われている』などの追跡妄想や被害妄想が増幅されることがあります。妄想を現実のことだと信じ込み、不安と恐怖のあまり、助けを求めて警察に行き、その不審な言動から警官に薬物使用を疑われ、尿検査を受けて『自爆逮捕』されるケースがめずらしくありません」。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  7. 7

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  8. 8

    辺野古「県民投票」不参加表明 沖縄県“アベ友”5市長の評判

  9. 9

    広島・誠也が打点王宣言も “新3番”長野に丸の代役務まるか

  10. 10

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

もっと見る