世界戦17連敗阻止 ボクサー工藤政志さんは年商2億円社長

公開日:

 プロボクシングの日本人世界チャンプは現在、男子8人・女子7人。団体が乱立気味とはいえ、ボクシング人気は復調したと言っていいだろう。だが、1978年には日本人選手が世界タイトル戦16連敗、泥沼に沈んでいた。そんな中、17連敗を阻止し、王座に就いたのが工藤政志さん(65)だ。今どうしているのか?

■家族ぐるみで会社経営

「木材販売業を始めたのが79年の引退直後です。その後、一般住宅の建築やリフォーム、土地売買、住宅設備販売・施工、水道設備工事といった住宅関連の仕事を増やしてきまして、今は工務店業務がメーンですね。従業員は、社長の私と家内、長男夫婦、三男、そして社員1人の計6人。年商は約2億円です」

 こう言うと、工藤さんは穏やかな笑みを浮かべた。

 会ったのは、日本そばの名産地として知られる茨城県常陸大宮市の「工藤建材」。常磐道・那珂ICから国道を30分ほど北上した山あいにある。約600坪の敷地には本社事務所と作業所、倉庫や車庫が並んでいた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    前のめり安倍首相に露が食わす「条文作成」の毒まんじゅう

  5. 5

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  6. 6

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  7. 7

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  8. 8

    専門医は「説明不能」…米11歳少女の悪性脳腫瘍が消えた!

  9. 9

    安倍首相の「フェイク発言」を追及しない本土のマスコミ

  10. 10

    今度は連ドラ初出演…田中みな実“媚びた笑顔”に隠れた野心

もっと見る