• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

世界戦17連敗阻止 ボクサー工藤政志さんは年商2億円社長

 プロボクシングの日本人世界チャンプは現在、男子8人・女子7人。団体が乱立気味とはいえ、ボクシング人気は復調したと言っていいだろう。だが、1978年には日本人選手が世界タイトル戦16連敗、泥沼に沈んでいた。そんな中、17連敗を阻止し、王座に就いたのが工藤政志さん(65)だ。今どうしているのか?

■家族ぐるみで会社経営

「木材販売業を始めたのが79年の引退直後です。その後、一般住宅の建築やリフォーム、土地売買、住宅設備販売・施工、水道設備工事といった住宅関連の仕事を増やしてきまして、今は工務店業務がメーンですね。従業員は、社長の私と家内、長男夫婦、三男、そして社員1人の計6人。年商は約2億円です」

 こう言うと、工藤さんは穏やかな笑みを浮かべた。

 会ったのは、日本そばの名産地として知られる茨城県常陸大宮市の「工藤建材」。常磐道・那珂ICから国道を30分ほど北上した山あいにある。約600坪の敷地には本社事務所と作業所、倉庫や車庫が並んでいた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権また後手後手 西日本豪雨の補正予算が置き去りに

  2. 2

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  3. 3

    日大アメフト部新監督 立命大OB内定に選手らは拒否反応

  4. 4

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  5. 5

    政財界とも結びつき深く…故・浅利慶太さんの「功と罪」

  6. 6

    傲慢でぶれない自民党と公明党 国民のことは考えていない

  7. 7

    サンドウィッチマン富澤 2007年M-1優勝の瞬間を振り返る

  8. 8

    ドラマ引っ張りだこ 「高嶺の花」でも話題の峯田和伸って

  9. 9

    生田悦子さん 最期の言葉は「サンドイッチ買ってきて」

  10. 10

    英紙も警告 2020年の東京五輪は“殺人オリンピック”になる

もっと見る