世界戦17連敗阻止 ボクサー工藤政志さんは年商2億円社長

公開日: 更新日:

■72年のミュンヘン五輪をきっかけにプロ転向

 さて、工藤さんは秋田県の八郎潟の東に位置する五城目町に1951年、8人兄弟の末っ子として生まれた。しかし、小学3年の時に父親が死去。小4から新聞配達で家計を支えた苦労人だ。

ボクシングを始めたのは20歳を過ぎてから。それまではアマレスでオリンピック出場を目指す自衛隊体育学校生でした。ところが、72年のミュンヘン五輪の代表選考に漏れ、それをきっかけに転向したのです」

 人並み外れた体力とパンチ力で、この年の8月、全日本社会人ボクシング選手権大会で優勝。プロを目指すべく除隊し、埼玉にあった熊谷ジムに入門。73年5月のデビュー戦は対戦相手の棄権で勝利し、その後も3戦連続KO勝ち。74年の全日本新人王を手にした。

 そして和製クレイと呼ばれたカシアス内藤を判定で下した後、75年、6戦目にして日本チャンピオンになった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菅首相G7サミットでポツンとひとり…際立った薄すぎる存在

  2. 2

    熊田曜子の疑惑に“不倫大好き”大手メディアが沈黙のナゼ

  3. 3

    菅政権ブチ上げ「五輪期間テレワーク」計画に怒りの声噴出

  4. 4

    TBSの鬼門「ラヴィット!」死に体で安住アナにかかる重圧

  5. 5

    妊婦なのに…溺れかけの子供3人を助けた米国女性が大絶賛

  6. 6

    小池知事ドリフ固執 そして都庁は「8時だョ!全員残業中」

  7. 7

    09年ドラフトで荻野貴司を1位指名した舞台裏と圧倒的武器

  8. 8

    「めざまし8」絶賛されたり炎上したり 谷原章介は大丈夫?

  9. 9

    草彅剛は映画に続きドラマでも受賞…それでも民放起用せず

  10. 10

    山口香理事が米紙に語った“正論”の説得力 五輪村は真っ青

もっと見る