“元ヤクザ”ボクサー大嶋宏成さん 壮絶「入れ墨」除去語る

公開日:

 1990年代後半から2000年代前半にかけ、“元ヤクザ”の肩書と“入れ墨”で注目を集めたプロボクサーがいた。元日本ライト級1位の大嶋宏成さん(42)だ。世界戦の経験こそないが、当時、後楽園ホールの入場者レコードを塗り替えるほどの人気だった。今どうしているのか。

■5年前に居酒屋をオープン

「大嶋です、どうぞよろしくお願いします」

 西武新宿線の上井草駅に近い居酒屋「いきや」で会った大嶋さん。礼儀正しくこうべを垂れた。

 大嶋さんは今、近くの「上井草ボックスフィットGYM」の会長に加え、この居酒屋のオーナー店主を務める。店には親友で元WBC世界フライ級王者の内藤大助も顔を見せるという。

「5年前の7月にオープンしました。店名は『粋、いなせ』を意味しています。疲れた人を気遣ってあげたり、軽く声をかけたり。そう、ボクシングのジャブのように。静かに飲みたい人には黙って飲ませてあげる、そんな店でありたいですね」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  2. 2

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  3. 3

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  4. 4

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  5. 5

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  6. 6

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  7. 7

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

  8. 8

    稀勢の里引退決断 歴代最低“36勝36敗97休”の不名誉記録

  9. 9

    日ハム吉田輝星が明かす 根尾からの刺激と痛感した実力差

  10. 10

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

もっと見る