• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

清水圭と元コンビ 和泉修さんは大阪で足ツボサロンを経営

 1980年代後半、吉本興業の有力若手として活躍したお笑いコンビ「清水圭・和泉修(圭・修)」。CDデビューも果たし、お笑いアイドルとして将来を大いに期待された。だが、相方の清水圭が93年に単独で東京へ引っ越して活動休止。大阪に残った和泉修さん(54)、どうしているのか?

■独学で開いたサロンが口コミで評判に

「お待ちしていました。そちらのソファにお座りください」

 大阪・難波から近鉄奈良線の急行で約25分の生駒駅。10分ほど歩いた住宅地のマンション1階にある足ツボ健康法サロン「足識食癒施術法Shu Izumi Salon 3S」で、和泉さんが迎えてくれた。和泉さん、同店のオーナー兼施術スタッフだ。

「“第2の脳”ともいわれる足裏のツボを押して、体の悪い箇所や内臓器官を探り、ツボと全身のマッサージを行うサロンです。食生活の指導も行い、独自の施術方法によって効果を早く導き出す。薬に頼らず、自然治癒力を高めて体質改善。それが目的なんです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キーマンは“任侠”代表 急浮上する山口組3派再統合話の行方

  2. 2

    黒田総裁は“白旗”か…ついに日銀が「株を買うのをやめた」

  3. 3

    総裁選の争点に 石破氏の秘策は「加計問題」と「脱原発」

  4. 4

    今年も唯一ゴルフ不参加…福田元首相はやっぱり“アベ嫌い”

  5. 5

    地元は必死に寄付金集め 金足農“想定外”快進撃の舞台側

  6. 6

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  7. 7

    イメージダウン必至の日本大学 新入生の半数は付属から

  8. 8

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  9. 9

    二軍で“塩漬け”の巨人ゲレーロ 古巣中日勢に漏らした本音

  10. 10

    「検察側の罪人」原田監督語る 木村拓哉の演技と籠絡テク

もっと見る