出家した清水富美加の気になる今後 教団での役職や待遇は

公開日: 更新日:

 清水富美加(22)の出家騒動で公開予定の出演作を抱えた配給会社はパニックを起こしていたが、主演映画「笑う招き猫」は予定通り4月29日に公開が決定。それに先駆け、全4話のドラマも放映されることが、28日に明かされた。

「公開まで時間もなく、お蔵入りさせるのはより赤字を生むため、仕方なかったのでしょう。同じく清水が主演の『暗黒女子』が4月1日に公開決定して逆に注目されたことも大きいですね」(映画関係者)

 関ジャニ∞丸山隆平主演の「泥棒役者」は11月公開、代役をたてて再撮影が進んでいる。そんな中、当の本人は26日のツイッターで「ソラニン」とだけつぶやいた。ソラニンとは、青年漫画のタイトルであり、ジャガイモの芽の毒を意味するが、何を言おうとしているのか……。

■秘書的な役割をこなしながら、教団内の講師に就任か

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ナゾの男が骨董店で中古ピアノを演奏…話は意外な展開に!

  2. 2

    台紙の上部には見えないのに下部にだけ広がる「斜線」の謎

  3. 3

    米倉涼子は独立から半年 次回作が決まらない「2つの理由」

  4. 4

    抗議殺到!イソジン吉村と大阪モデルの化けの皮が剥がれる

  5. 5

    堀田茜と紫吹淳も離脱…オスカー崩壊の裏に恐怖の社内改革

  6. 6

    ドラマで描かれないシーン 古関裕而は無類の愛煙家だった

  7. 7

    11点差の負け試合に野手登板 G原采配「最善策」の違和感

  8. 8

    巨人の快進撃を支える「神走塁」 地味ながら凄い3人の正体

  9. 9

    先の大戦と酷似 デマと精神論が蔓延するコロナ禍ニッポン

  10. 10

    裕次郎さんの自宅から遺跡が…本人と石原プロ社員の神対応

もっと見る