役作りで5キロ増 有村架純の朝ドラ「ひよっこ」が泣ける

公開日: 更新日:

 今期は途中離脱してしまったドラマ好きにも、お薦めしたい内容であった。

 有村架純(24)がヒロインを務めるNHK朝ドラ「ひよっこ」の第1週試写会が15日行われたのだが、これが面白い。制作陣にとって“勝負”の初週だけに、万全を期した仕上がりなのは推して知るべしだが、次の展開が気になる質の高いドラマを予感させた。

 舞台は1964年、東京五輪が目前に迫る中、茨城県の山奥で育った“いなかっぺ娘”のヒロインが集団就職で上京。当時流行語になった「金の卵」(若年労働者)として試練を乗り越えながら成長していく、いわば朝ドラ王道の物語だ。

 この日の会見に出席した有村は、日焼けメークにもんぺ姿の農家の長女を演じるにあたり、撮影前に体重を5キロ増量して臨んだことを告白。「(現在撮影中の)東京編では身も心もどんどん締まっていくのを表現したくて減量していますが、挑戦して良かった」と充実した様子で振り返っていた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    横浜市IR誘致表明で始まる“菅長官vsヤクザ”の仁義なき戦い

  2. 2

    強烈ジョークでNHKを慌てさせた 香取慎吾の気になる今後

  3. 3

    キムタク「抱かれたくない男」1位にTV局が高笑いのワケ

  4. 4

    中居正広が五輪キャスター争奪戦で“売れ残り”の大ピンチ

  5. 5

    吉本批判でも24時間ランナー 近藤春菜にあがる“怨嗟の声”

  6. 6

    全て思惑通り…N国の立花党首にマスコミは利用されている

  7. 7

    U18の“二枚看板” 大船渡・佐々木と星陵・奥川に数々の不安

  8. 8

    マツコ「元SMAP共演拒否発言」騒動にTVマン拍手喝采の訳

  9. 9

    「カジノではなくF1とディズニーを」“ハマのドン”が激怒

  10. 10

    泥沼の日韓対立 この政権が続く限り解決は不可能<上>

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る