「いつ恋」1ケタ…有村架純が超えられない“視聴率の壁”

公開日: 更新日:

「ビリギャル」「ストロボ・エッジ」に主演して日本アカデミー賞とブルーリボン賞をダブル受賞。いま最も注目される若手女優・有村架純(22)の民放連ドラ初主演作が「いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう」(フジテレビ系)だ。局側も、“2016年版東京ラブストーリー”と銘打ち、大々的な前宣伝を行ったが、早くも第2話で視聴率1ケタ(9.6%)に落ち込んでしまった。

 初回放送は1月18日。あのSMAP解散騒動の生謝罪が放送され、瞬間最高視聴率37.2%を記録した「SMAP×SMAP」の直前番組だったにもかかわらず11.6%。ネット上には「暗い」「重い」「古い」とネガティブな評価があふれかえっている。

「“見どころは、有村が演じている介護職員のユニホームからうかがえる巨乳くらいしかない”などという意見さえあった。ベタベタの恋愛群像劇ですが、ターゲットのはずの若者を掴めていないのが苦しいところ。局側も早めに挽回策を打ってくると思います。関西を中心にグラドル活動をしている有村の実姉を起用して初の姉妹共演というくらいの思い切った試みが必要かもしれません」(芸能ライター)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    竹内結子さん急死 昵懇だった三浦春馬さんの死と自身の不調

  2. 2

    巨人のドラフトとFA補強にソフトBの壁 争奪戦ガチンコ必至

  3. 3

    山口達也逮捕の裏に“臨時収入”か TOKIO再結成は完全消滅

  4. 4

    竹内結子さん急死の謎 家庭と仕事の両立に金銭的な重圧も

  5. 5

    収入すべてを使い切る生活 今の暮らしでは4年後に老後破綻

  6. 6

    竹内結子さんと三浦春馬さんに「共通項」…心理学者が分析

  7. 7

    巨人と阪神が熱視線 ドラ1候補近大・佐藤の気がかりなキズ

  8. 8

    原巨人がついに着手する“リストラ”作業 FA補強の影響は?

  9. 9

    阪神には行きたくない 糸井2世も敬遠する球団の構造的欠陥

  10. 10

    スガ友人事横行 異例抜擢“秋田つながり”柿崎補佐官の評判

もっと見る