• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「いつ恋」1ケタ…有村架純が超えられない“視聴率の壁”

「ビリギャル」「ストロボ・エッジ」に主演して日本アカデミー賞とブルーリボン賞をダブル受賞。いま最も注目される若手女優・有村架純(22)の民放連ドラ初主演作が「いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう」(フジテレビ系)だ。局側も、“2016年版東京ラブストーリー”と銘打ち、大々的な前宣伝を行ったが、早くも第2話で視聴率1ケタ(9.6%)に落ち込んでしまった。

 初回放送は1月18日。あのSMAP解散騒動の生謝罪が放送され、瞬間最高視聴率37.2%を記録した「SMAP×SMAP」の直前番組だったにもかかわらず11.6%。ネット上には「暗い」「重い」「古い」とネガティブな評価があふれかえっている。

「“見どころは、有村が演じている介護職員のユニホームからうかがえる巨乳くらいしかない”などという意見さえあった。ベタベタの恋愛群像劇ですが、ターゲットのはずの若者を掴めていないのが苦しいところ。局側も早めに挽回策を打ってくると思います。関西を中心にグラドル活動をしている有村の実姉を起用して初の姉妹共演というくらいの思い切った試みが必要かもしれません」(芸能ライター)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    関西圏から勧誘 花咲徳栄の岩井監督に聞く「選手集め」

  2. 2

    12年を経て…リア・ディゾンが明かした「黒船」の重圧と今

  3. 3

    秋田・金足農の中泉監督が語る 球児の体力と練習の今昔

  4. 4

    国会議員は7割支持でも…安倍首相を襲う「地方票」の乱

  5. 5

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  6. 6

    広島・丸と西武・浅村めぐり…巨・神でFA補強争奪戦が勃発

  7. 7

    異例の事態 「翁長知事死去」海外メディア続々報道のワケ

  8. 8

    スパイ容疑で拘束 北朝鮮に通った39歳日本人男性の行状

  9. 9

    安倍3選確実といわれる総裁選で国民に問われていること

  10. 10

    ちばてつや氏「権力者にを堂々とものを言える国であって」

もっと見る