「いつ恋」1ケタ…有村架純が超えられない“視聴率の壁”

公開日: 更新日:

「ビリギャル」「ストロボ・エッジ」に主演して日本アカデミー賞とブルーリボン賞をダブル受賞。いま最も注目される若手女優・有村架純(22)の民放連ドラ初主演作が「いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう」(フジテレビ系)だ。局側も、“2016年版東京ラブストーリー”と銘打ち、大々的な前宣伝を行ったが、早くも第2話で視聴率1ケタ(9.6%)に落ち込んでしまった。

 初回放送は1月18日。あのSMAP解散騒動の生謝罪が放送され、瞬間最高視聴率37.2%を記録した「SMAP×SMAP」の直前番組だったにもかかわらず11.6%。ネット上には「暗い」「重い」「古い」とネガティブな評価があふれかえっている。

「“見どころは、有村が演じている介護職員のユニホームからうかがえる巨乳くらいしかない”などという意見さえあった。ベタベタの恋愛群像劇ですが、ターゲットのはずの若者を掴めていないのが苦しいところ。局側も早めに挽回策を打ってくると思います。関西を中心にグラドル活動をしている有村の実姉を起用して初の姉妹共演というくらいの思い切った試みが必要かもしれません」(芸能ライター)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    平成最後の欧米歴訪で総崩れ 令和外交はドン底から始まる

  2. 2

    巨人新守護神クック離脱に専門家「むしろ好機」と指摘の訳

  3. 3

    「集団左遷」初回13.8%も…福山雅治“顔芸”への違和感

  4. 4

    オード―リー春日は貯金7億? 10年愛実らせた“どケチ伝説”

  5. 5

    任侠山口組が組長制に 40数名が織田代表と親子盃、舎弟盃

  6. 6

    役者はセリフが命…山P「インハンド」にブーイングのワケ

  7. 7

    まだ“愛の巣”で生活か? ZOZO前澤社長&剛力彩芽の近況

  8. 8

    「勝利の方程式」崩壊危機…巨人が狙う“抑え助っ人”の名前

  9. 9

    「視聴率の女王」米倉涼子もビビらせた黒木華“怪演”の源泉

  10. 10

    演技より気になる…長谷川京子「ミストレス」での“唇と顔”

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る