日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

清水富美加に今度はゲス不倫 仕掛けたのは事務所か教団か

 泥沼の争いが“第2R”に突入したようだ。幸福の科学に出家した女優の清水富美加(22)が以前に、人気ロックバンド「KANA―BOON(カナブーン)」のベーシスト、飯田祐馬(26)と不倫をしていたことが発覚。飯田は「既婚の身であることを隠し、清水さんと交際していた」と事実を認め、謝罪した。今後の活動はどうなるか未定ながら、「カナブーン」ファンの間では大騒動になっている。

 清水を巡っては、17日に告白本「全部、言っちゃうね。」を出版した際、所属事務所「レプロエンタテインメント」が「誠に不可解」とする一方、「過熱報道が続くことは望んでおりません」とコメントしたばかり。芸能マスコミの報道もいったんは沈静化するとみられていた。それが、どうだ。“ゲス不倫”という新展開を迎え、騒動は一層拡大している。

「出家の理由のひとつが不倫だったとすればマイナスイメージがつくのに、幸福の科学サイドからこんな情報が出てくるわけがない。かといって、相手の飯田が自分からわざわざ『実は清水と不倫してました』と告白するはずもありません。清水が出家する前に、その周辺にいた人間からの“リーク”と考えるのが自然でしょう。レプロサイドが一部のスポーツ紙や週刊誌を使って、攻勢に転じているとの見方が有力です」(ワイドショー芸能デスク)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事