清水富美加に今度はゲス不倫 仕掛けたのは事務所か教団か

公開日:

 泥沼の争いが“第2R”に突入したようだ。幸福の科学に出家した女優の清水富美加(22)が以前に、人気ロックバンド「KANA―BOON(カナブーン)」のベーシスト、飯田祐馬(26)と不倫をしていたことが発覚。飯田は「既婚の身であることを隠し、清水さんと交際していた」と事実を認め、謝罪した。今後の活動はどうなるか未定ながら、「カナブーン」ファンの間では大騒動になっている。

 清水を巡っては、17日に告白本「全部、言っちゃうね。」を出版した際、所属事務所「レプロエンタテインメント」が「誠に不可解」とする一方、「過熱報道が続くことは望んでおりません」とコメントしたばかり。芸能マスコミの報道もいったんは沈静化するとみられていた。それが、どうだ。“ゲス不倫”という新展開を迎え、騒動は一層拡大している。

「出家の理由のひとつが不倫だったとすればマイナスイメージがつくのに、幸福の科学サイドからこんな情報が出てくるわけがない。かといって、相手の飯田が自分からわざわざ『実は清水と不倫してました』と告白するはずもありません。清水が出家する前に、その周辺にいた人間からの“リーク”と考えるのが自然でしょう。レプロサイドが一部のスポーツ紙や週刊誌を使って、攻勢に転じているとの見方が有力です」(ワイドショー芸能デスク)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ゴーン起訴・再逮捕がトドメ…拍車がかかる特捜部解体論

  2. 2

    原監督は喜色満面だったが…FA丸獲得で巨人が買った“火種”

  3. 3

    安倍首相の“言葉遊び”を超えた詐欺師の手法はいずれバレる

  4. 4

    好きな女子アナに異変…弘中綾香&宇垣美里が好かれるワケ

  5. 5

    まさか飲酒? 深夜の議員宿舎で維新の議員がド派手な事故

  6. 6

    米中“諜報戦争”激化で…安倍首相は日中関係のちゃぶ台返し

  7. 7

    SNS全盛時代に学ぶ 明石家さんまの金言「丸裸にならない」

  8. 8

    セクゾ松島もパニック障害…ジャニーズで病欠が相次ぐワケ

  9. 9

    JIC騒動で露呈…官民ファンドは血税しゃぶる“天下り集団”

  10. 10

    食えもしねえのに食い意地の張った巨人・原“監督大将”の話

もっと見る