日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
三枝孝臣
著者のコラム一覧
三枝孝臣

1966年東京都生まれ。89年に日本テレビに入社、「ZIP!」「スッキリ!!」「シューイチ」など情報番組から、「THE夜もヒッパレ」「DAISUKI!」などバラエティーまで、手掛けた番組は100を超える。2015年に日本テレビを退社。現在、メディアデザイン会社「アブリオ」、LINEの前社長・森川亮氏と共に新事業「C Channel」を立ち上げ、メディアを超えたコンテンツプロデューサーとして活躍。近著に「一流のMC力」(東洋経済新報社)がある。

水卜麻美 テレビで見せるキャラクターに隠された“実力派”

「好きな女性アナウンサー」ランキングで4年連続ナンバーワンに輝いた日本テレビの水卜麻美アナウンサー。さらに29歳にして「上司にしたい女性」ナンバーワンになりました。2位は49歳の天海祐希さんですから、水卜さんが若いながらも頼もしくて一緒に仕事がしたくなる魅力を振りまいている証明でもあるでしょう。

 嫌みのないキャラクターから「姉御肌」な部分を感じる人が多いのかもしれません。加えて言えば、他に10位以内に入ったアナウンサーは有働由美子さんと大江麻理子さんの大御所2人。人気と好感度の両方を取れる希有な存在に成長されたのではないでしょうか。

 一般論で言えば、女性アナウンサーは同性からは嫉妬の目で見られがちなので、男性から人気を得られることはあっても、女性からの支持は得にくい部分が間違いなくあります。水卜さんは、アナウンサーらしからぬ「食べること」や「スタイル」で乗り越えてしまいました。彼女の持つ「ギャップ力」の強さに感服します。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事