• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

関ジャニ横山との噂直撃の記者虜 日テレ水卜アナの“神対応”

 発売中の「週刊文春」のスクープで発覚した日テレの人気アナウンサー、水卜麻美(28)と関ジャニ∞のメンバー、横山裕(34)の熱愛――。

 ジムで一緒に汗を流して、その後は横山の住む港区内の高級マンションに向かうのが週末金曜日のお決まりデートコースだという。双方ともに会社の広報を通じて交際を否定したが、それはあくまで表向きの“公式コメント”だろう。

 2人は「ヒルナンデス!」の共演がきっかけで交際に発展。アプローチしたのは横山の方だという。ファンにとってはまさに仰天の熱愛報道だったが、一連の取材過程で「ミトちゃんの評判がうなぎ上り。記者もファンになった」と話すのは熱愛を報じた文春の関係者だ。どういうことか。

「並の女子アナなら記者から直撃取材を受けたら口をもごもごさせながら“会社を通してください”というか、黙って走り去るのが精いっぱい。ところが、ミトちゃんは足を止めて20分以上も真摯に取材に応じました。相手の横山がジャニーズ事務所の所属ということもあり、対応を間違えたらマズイという判断が瞬時に働いたのでしょう。決して言質は取られないようにしながらも笑顔でのらりくらりと追及をかわし、最後は記者に“お疲れさまです”とお辞儀までしたのだから大した器です。直撃した記者だけでなく、その話を聞いたデスクも“ミトちゃん、やるなぁ~”とうなるしかなかった。まさに“神対応”でした」(文春関係者)

 相手がジャニーズの人気者だけに、このまますんなりと交際が続くかどうかビミョーなところだが、2年連続で「24時間テレビ」の総合司会を務めるなど“日テレの顔”に成長した水卜アナの恋路から目が離せない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    被災者よりも総裁選…安倍首相「しゃぶしゃぶ夜会」のア然

  2. 2

    今井美樹に続く批判 20年たっても解けない“略奪愛”の呪い

  3. 3

    視聴率は歴代最低…AKB48総選挙が描く“下降曲線”の危機感

  4. 4

    コロンビアに勝利も…釜本氏は攻撃停滞と決定機ミスに注文

  5. 5

    熊本では逮捕されたが…大阪北部地震でも現れた「愉快犯」

  6. 6

    総選挙でトップ3に入れず…AKBは“本体”弱体化が最大の課題

  7. 7

    オリラジ中田が消えたワケ…妥当すぎる正論コメントがアダ

  8. 8

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  9. 9

    加計理事長が突然の会見 W杯と地震に合わせ“逃げ切り作戦”

  10. 10

    全国一元化を口実に…安倍政権が障害年金支給カットの非情

もっと見る