関ジャニ横山との噂直撃の記者虜 日テレ水卜アナの“神対応”

公開日: 更新日:

 発売中の「週刊文春」のスクープで発覚した日テレの人気アナウンサー、水卜麻美(28)と関ジャニ∞のメンバー、横山裕(34)の熱愛――。

 ジムで一緒に汗を流して、その後は横山の住む港区内の高級マンションに向かうのが週末金曜日のお決まりデートコースだという。双方ともに会社の広報を通じて交際を否定したが、それはあくまで表向きの“公式コメント”だろう。

 2人は「ヒルナンデス!」の共演がきっかけで交際に発展。アプローチしたのは横山の方だという。ファンにとってはまさに仰天の熱愛報道だったが、一連の取材過程で「ミトちゃんの評判がうなぎ上り。記者もファンになった」と話すのは熱愛を報じた文春の関係者だ。どういうことか。

「並の女子アナなら記者から直撃取材を受けたら口をもごもごさせながら“会社を通してください”というか、黙って走り去るのが精いっぱい。ところが、ミトちゃんは足を止めて20分以上も真摯に取材に応じました。相手の横山がジャニーズ事務所の所属ということもあり、対応を間違えたらマズイという判断が瞬時に働いたのでしょう。決して言質は取られないようにしながらも笑顔でのらりくらりと追及をかわし、最後は記者に“お疲れさまです”とお辞儀までしたのだから大した器です。直撃した記者だけでなく、その話を聞いたデスクも“ミトちゃん、やるなぁ~”とうなるしかなかった。まさに“神対応”でした」(文春関係者)

 相手がジャニーズの人気者だけに、このまますんなりと交際が続くかどうかビミョーなところだが、2年連続で「24時間テレビ」の総合司会を務めるなど“日テレの顔”に成長した水卜アナの恋路から目が離せない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は思考停止か…巨人崖っぷち3連敗招いた不可解采配

  2. 2

    巨人に4タテ完勝 ソフトBの執念を象徴する初戦9回裏の反省

  3. 3

    巨人ぶざまな日本S敗退でコーチ粛清…元木&宮本“詰め腹”も

  4. 4

    菅首相のGoTo“鉄板答弁”破綻「4000万人中、感染者180人」

  5. 5

    マッチ引退窮地…事務所の後ろ盾・人望・居場所すべてナシ

  6. 6

    大鹿理財局長の「何をもって虚偽とするか」発言に唖然呆然

  7. 7

    安倍前首相「桜疑惑」補填費用900万円の謎 原資は機密費か

  8. 8

    ソフトは本気 王会長「工藤→小久保→城島」で狙うV10構想

  9. 9

    高部知子“ニャンニャン写真”流出の顛末 元カレは自殺した

  10. 10

    菅野vs千賀なら欲しいのは…メジャーがつける“値段の差”

もっと見る