• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

芸能プロが何のため? オスカー「宇宙事業開発本部」発足

 米倉涼子(41)や上戸彩(31)らが所属する芸能事務所「オスカープロモーション」が21日、壮大な企画をブチ上げた。来る宇宙時代を見据えて「宇宙戦略プロジェクト 宇宙事業開発本部」を発足。企業理念である「美文化の創造」という考えをもとに、宇宙旅行など宇宙空間におけるエンターテインメントコンテンツの充実を目指すというのだ。

 といっても人工衛星を打ち上げたりするわけではなく、具体的な取り組みはこれからのようだが、同社は芸能界ではいち早く公式サイトを開設するなど“仕掛け”の速さには定評がある。近い未来、国民的美少女コンテストに「宇宙枠」いや、藤田ニコル(19)を超えるような宇宙人(!?)が登場するかも。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  2. 2

    英紙も警告 2020年の東京五輪は“殺人オリンピック”になる

  3. 3

    豪雨初動遅れも反省なし…安倍政権が強弁するウソと言い訳

  4. 4

    否定会見で墓穴 古屋圭司議員の“裏金”疑惑ますます深まる

  5. 5

    ZOZO社長とW杯決勝観戦 剛力彩芽“はじけっぷり”に心配の声

  6. 6

    検察は動くか アベトモ古屋議員に裏金疑惑が浮上 

  7. 7

    主砲にも日本語でタメ口 エンゼルス大谷「英語力」の謎

  8. 8

    “苦戦の戦犯”は金本監督 阪神の凡ミス多発は意識の低さ

  9. 9

    助っ人はベンチに 阪神・金本監督はロサリオが嫌いなのか

  10. 10

    9月の過密日程より心配 阪神が抱える“ロサリオ・大山問題”

もっと見る