視聴率低迷の「直虎」を救う 高橋一生と海老蔵のハマリ役

公開日: 更新日:

 初回視聴率16.9%(ビデオリサーチ調べ、関東地区=以下同)が超えられず、スタートから3カ月、乗りきれない状況が続いているNHK大河「おんな城主 直虎」。直近の第12回(26日放送)も前回から0.8ポイント下落の12.9%というビミョ~な数字に終わったが、巻き返しを期待させる内容であった。

 柴咲コウ(35)演じる主人公・次郎法師が名を改め、井伊家の家督を継承。還俗して女城主として戦乱の世を生きる覚悟を決め、「われが、井伊直虎である!」と“極妻”張りに威勢よく宣言する大転換期が描かれた。格好も尼姿から袴姿になり、華やかなビジュアルに。トレードマークとなる個性的な打ち掛けは実母(財前直見)が端切れでこしらえたもので、今川家の支配下にあった小国の厳しい財政を逆手に取ったアイデアを感じさせる衣装だった。

■「ナレ死」は残念だったが……

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    新契約と副収入で稼ぎ破格 渋野日向子メジャー制覇の値段

  2. 2

    渋野日向子フィーバーの裏で“渋い顔” 大会運営はツラいよ

  3. 3

    浜崎あゆみと交際7年 なぜ「M」にTOKIO長瀬智也は登場せず

  4. 4

    れいわ山本太郎代表に飛び交う「10.27参院補選」出馬説

  5. 5

    渋野 米ツアー不参加表明に専門家は「行くべき」と指摘

  6. 6

    渋野日向子フィーバーが覆い隠す女子プロ協会のゴタゴタ

  7. 7

    志尊淳は「劇場版おっさんずラブ」で“評価急落”返上なるか

  8. 8

    相場低迷でウマ味 三菱UFJの配当金は普通預金利息の5000倍

  9. 9

    渋野マネジメント会社決定で気になる大型契約と来季主戦場

  10. 10

    細野豪志に5000万円貸し付け「JCサービス」を特捜部が捜査

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る