• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

視聴率低迷の「直虎」を救う 高橋一生と海老蔵のハマリ役

 初回視聴率16.9%(ビデオリサーチ調べ、関東地区=以下同)が超えられず、スタートから3カ月、乗りきれない状況が続いているNHK大河「おんな城主 直虎」。直近の第12回(26日放送)も前回から0.8ポイント下落の12.9%というビミョ~な数字に終わったが、巻き返しを期待させる内容であった。

 柴咲コウ(35)演じる主人公・次郎法師が名を改め、井伊家の家督を継承。還俗して女城主として戦乱の世を生きる覚悟を決め、「われが、井伊直虎である!」と“極妻”張りに威勢よく宣言する大転換期が描かれた。格好も尼姿から袴姿になり、華やかなビジュアルに。トレードマークとなる個性的な打ち掛けは実母(財前直見)が端切れでこしらえたもので、今川家の支配下にあった小国の厳しい財政を逆手に取ったアイデアを感じさせる衣装だった。

■「ナレ死」は残念だったが……

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    元立教大生に聞いた 「奨学金破産」で人生転落するまで

  2. 2

    “玉木宏ロス”の癒やしに 坂口健太郎だけが持つ3つの魅力

  3. 3

    米が次期戦闘機ゴリ押し 安倍政権は血税1400億円をドブに

  4. 4

    73歳会長と親密交際 華原朋美“天性の愛人”のジジ殺し秘術

  5. 5

    仲間由紀恵の病院通いも…周囲が案じる田中哲司の“悪い虫”

  6. 6

    結婚を前提に交際中…高畑充希を両親に紹介した坂口健太郎

  7. 7

    官邸が“裏口入学リスト”回収…不正合格事件が政界に波及か

  8. 8

    カジノ法案 胴元がカネ貸し「2カ月無利子」の危険なワナ

  9. 9

    広島・菊池、ソフトバンク柳田も…地方の大学生を見逃すな

  10. 10

    加計獣医学部 図書館に本のない大学の設置認可は前代未聞

もっと見る