視聴率低迷の「直虎」を救う 高橋一生と海老蔵のハマリ役

公開日: 更新日:

 コラムニストのペリー荻野氏も「いよいよ本筋が描かれる」と今後に期待を寄せるが、26日の放送回で消化不良の要素があったと、こう指摘する。

「前田吟演じる血気盛んなご隠居さまが『ナレ死』だったのは残念でした。何事も戦で決着させようとする戦国武将らしい人物を選んだのだから、いかようにも見せ場をつくれただろうに“謎の死を遂げた”というナレーションだけでさらりと流してしまったのは、もったいなかったですね」

 一事が万事で、桶狭間の戦いで敗れた今川義元(春風亭昇太)もナレ死で終わった。その一方で、直虎(柴咲)と元婚約者の直親(三浦春馬)、井伊家の目付役(高橋一生)による幼馴染み同士の切ない恋模様が丁寧に描かれるもんだから、ラブコメ大河などと揶揄する声も上がっている。

「ダイナミックな戦のシーンが割愛されているぶん、スタンダードな戦国時代モノとは言い難い。物足りないと嘆かれる大河ファンの気持ちはよく分かります。直親の妻(貫地谷しほり)や今川家の人質にして松平家に嫁いだ直虎の旧友(菜々緒)との女同士のやりとりやいざこざが活写されるなど、脚本・演出ともに人間ドラマにおもきを置いた作品ですが、直虎が女城主となったこれからは政治的な描写が必然と多くなる。いまをときめく俳優・高橋一生演じる政次の真の狙いが明らかになるシーンも見どころですし、織田信長には市川海老蔵が扮する。演じずともオレオレ親方気質のエビ様はハマリ役であり、一体どう魅せてくれるのか。家康役を好演中の阿部サダヲに加え、財政難の井伊家を助ける豪商役のムロツヨシが登場すれば物語に深みが増すでしょうし、しぶとく生き残った今川氏真(尾上松也)の末路はどのように描かれるのか。注目すべきシーンがたくさんあります」(前出のペリー氏)

 脱落するには、まだまだ早そうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    NHK桑子真帆アナに“超肉食系”報道…結婚には完全マイナス

  2. 2

    二階幹事長と麻生氏に国民の怒り爆発!怨嗟の16万ツイート

  3. 3

    五輪に執着する菅政権に自民OBが怒り「総入れ替えが必要」

  4. 4

    結局、国民が被害…スガ発言が意味不明なのは他人事だから

  5. 5

    デサントの「水沢ダウン」は海外物を凌駕…国産の実力知る

  6. 6

    海外から酷評相次ぐ 本家ロシアも認めたスガーリンの独善

  7. 7

    麻生財務相「一律10万円再給付ない」発言に若者も怒り心頭

  8. 8

    “組織委に中止計画”発言裏で電通専務と菅氏がステーキ会食

  9. 9

    鈴木保奈美は「卒婚」か…夫・石橋貴明と別居報道の真相

  10. 10

    緊急事態宣言から2週間 首都圏は「全滅」感染爆発が加速

もっと見る