高橋一生 ドラマ「カルテット」舞台裏の涙ぐましい努力

公開日:

「彼の特集記事を組むととにかく反響がデカい。間違いなく、いま最も旬の俳優のひとりです」(芸能関係者)

 ドラマや映画好きの間ではお馴染みの俳優だが、ここのところ、高橋一生(36)の活躍が目覚ましい。NHK大河「おんな城主 直虎」での本格的な出番を控え、ひと足先に1月期クールのドラマ「カルテット」(TBS系、火曜22時)でも主要キャストとして出演している。松たか子(39)、満島ひかり(31)、松田龍平(33)といった主役級の面々と肩を並べ、四角関係のひとコマを担うのだから大出世だ。

 10歳の頃から劇団に所属しており、今年で芸歴27年目。デビュー作の映画「ほしをつぐもの」(1990年)で主演のビートたけし(70)と田中邦衛(84)の演技に触れ、幼心に何か感じるものがあったのだろう。

 昔から妥協を許さない徹底した役作りをする俳優として有名だが、「カルテット」では弦楽器のビオラ奏者という役どころに挑んでいる。毎回演奏シーンが設けられ、見どころのひとつとなっているが、クランクイン直前にはちょっとした“事件”があったようで――。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    水道法改正の裏で…民間業者「水を止める」と住民“脅迫”

  3. 3

    今度は雑誌がバカ売れ…女性の圧倒的支持を得た白石麻衣

  4. 4

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

  5. 5

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  6. 6

    偶然なのか…「不適切入試」の医学部はなぜかブラック病院

  7. 7

    4K&8Kテレビの選び方は…両方導入したプロが基礎を解説

  8. 8

    家庭内でも孤立…貴乃花が妻と弟子にした“正座説教”1時間

  9. 9

    専門家が指摘…あおり運転は善良なドライバーもやっている

  10. 10

    上沼恵美子で騒ぐ連中の勉強不足…便乗TVもどうかしている

もっと見る