日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

夏目アナに一切触れず 怒り新党ラストに「闇が深い」の声

 29日深夜に最終回が放送された「マツコ&有吉の怒り新党」(テレビ朝日系)について、視聴者からブーイングが上がっている。

 スタジオの有吉弘行(42)とマツコ・デラックス(44)、アシスタントの青山愛アナ(28=テレ朝)がこれまでに放送した特集を振り返る内容で、青山アナが涙ぐんだ場面も話題に。だが放送終了後、ネット上に多数上がったのは、青山アナの前任者・夏目三久アナ(32)について、「存在そのものが消されていた」といぶかる声だった。

 夏目アナは2011年4月の放送開始からアシスタントを担当。5年後の16年3月に退任した際には卒業を悲しむ声が相次いだ。当然、最終回では夏目アナについて触れることを期待する視聴者も多かったが、フタを開けると夏目アナ時代のVTRは一切流れず、3人が夏目アナの名前を口にすることさえなかった。

 そのため、掲示板などには<夏目の「な」も出なかった><最終回ですら夏目には一切触れないの?>などと疑問の声が続出。終了の間際、青山アナが「6年間ありがとうございました」と感謝の言葉を述べたが、<締めのひと言は夏目ちゃんから聞きたかった>とのコメントも上がった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事