伊集院静氏語る「困難に立ち向かう姿にこそ真理がある」

公開日:

 桜色の表紙が出会いと別れの季節をおのずと感じさせる。作家・伊集院静氏(67)の最新エッセー「さよならの力 大人の流儀7」(講談社刊)が売れに売れている。累計165万部超の人気シリーズの第7弾。今作では「さよなら」をテーマに据え、自身が大学2年の時に経験した17歳の弟との死別、85年に急性骨髄性白血病のため亡くなった前妻で女優の夏目雅子さん(享年27)との最後の日々についてもしたためられている。「さよならには力がある。時間はかかるけれど必ず力になる」と語る伊集院氏。本紙読者に熱いエールを送ってもらった。

   ◇   ◇   ◇

 私は弟を海難事故で亡くし、妻も亡くしました。なぜ自分の周りにはこんなに多く悲しい出来事が起こるのかと恨んだこともありましたが、実は世の中には近しい人との別離、死別を経験した人はたくさんいて、私が考えている以上に悲しかったり苦しい思いをしている人があふれていた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ロシア専門家が警鐘「北方領土問題進展は日本側の幻想」

  2. 2

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

  3. 3

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  4. 4

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  5. 5

    FA丸を筆頭に総額50億円大補強…巨人最大の問題はリリーフ

  6. 6

    魔性の女が復活…「あな渡」は“荻野目慶子劇場”と化した

  7. 7

    ソフトバンクを襲った“3重苦” 上場延期説が市場を駆け巡る

  8. 8

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  9. 9

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  10. 10

    清原の二の舞か…“Vの使者”丸を待つ巨人移籍1年目の大重圧

もっと見る