• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

辺野古で米軍に拘束 芥川賞作家が体感した治外法権の現実

 沖縄・辺野古の新基地建設への抗議活動を続けている芥川賞作家、目取真俊氏(55)が14日、「辺野古の今を訊く」と題して都内で講演した。

 目取真氏は先月1日、辺野古海上でカヌーに乗って抗議中に米軍警備員によっていきなり拘束され、濡れたウエットスーツのまま8時間近く基地内に監禁された。この日の講演では、米軍から拘束の理由や根拠も告げられず、弁護士への接見も拒絶されたことを明かした。

■憲法より地位協定が上

「治外法権を実感した。日本国憲法で保障されている適正手続きは米軍には通じない。日米地位協定は憲法より上位にあるようだ。一方で辺野古の工事中断で海上保安庁が弱気の中、米軍の焦りも感じた」(目取真俊氏)

 講演では、海上保安庁の普段の取り締まりの様子が動画で公開された。抗議のカヌー隊を一台一台、転覆させ、放り出された人々がバタバタしたところを捕まえるさまは、まるで大物の魚を“捕獲”するように手際がよい。あまりに拘束し過ぎて監視船の定員を超えても、かまわず“捕獲”を続けていた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    もし破局したら…“恋愛露出狂”剛力&前澤社長の未来予想図

  2. 2

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  3. 3

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  4. 4

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  5. 5

    ガッツポーズ禁止と熱中症“美談化”…球児を潰すご都合主義

  6. 6

    安倍首相が異例の神社参拝3連発 総裁選に不安で“神頼み”

  7. 7

    剛力は助言無視で再炎上…救えるのはバナナマン日村だけか

  8. 8

    剛力彩芽へ助言…私生活をSNSにアップする女優は伸びない

  9. 9

    まるで炎上商法 “超人ショー”と化した24時間TVの存在価値

  10. 10

    恋愛に厳しいはずが…剛力彩芽を“黙認”するオスカーの打算

もっと見る