辺野古で米軍に拘束 芥川賞作家が体感した治外法権の現実

公開日:  更新日:

 沖縄・辺野古の新基地建設への抗議活動を続けている芥川賞作家、目取真俊氏(55)が14日、「辺野古の今を訊く」と題して都内で講演した。

 目取真氏は先月1日、辺野古海上でカヌーに乗って抗議中に米軍警備員によっていきなり拘束され、濡れたウエットスーツのまま8時間近く基地内に監禁された。この日の講演では、米軍から拘束の理由や根拠も告げられず、弁護士への接見も拒絶されたことを明かした。

■憲法より地位協定が上

「治外法権を実感した。日本国憲法で保障されている適正手続きは米軍には通じない。日米地位協定は憲法より上位にあるようだ。一方で辺野古の工事中断で海上保安庁が弱気の中、米軍の焦りも感じた」(目取真俊氏)

 講演では、海上保安庁の普段の取り締まりの様子が動画で公開された。抗議のカヌー隊を一台一台、転覆させ、放り出された人々がバタバタしたところを捕まえるさまは、まるで大物の魚を“捕獲”するように手際がよい。あまりに拘束し過ぎて監視船の定員を超えても、かまわず“捕獲”を続けていた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  4. 4

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  5. 5

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  6. 6

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  7. 7

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  8. 8

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  9. 9

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  10. 10

    実力は和牛でも…霜降り明星「M-1優勝」のメンタルを分析

もっと見る