• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

憔悴した姿で通夜に…清原和博氏の後見人“不審死”の真相

 2016年6月に覚醒剤取締法違反で懲役2年6月(執行猶予4年)の有罪判決が確定した元プロ野球選手の清原和博氏(49)。その「後見人」「弟分」と呼ばれた男性Aさん(43)が4月8日に都内で死亡し、11日午後8時から、Aさんの出身地である愛知県稲沢市の葬儀場で通夜が営まれた。

 清原氏は通夜が始まって5分ほどしてから、白のワンボックスカーに乗って現れ、敷地奥の駐車場に停めて車から降り立った。20人ほどの報道陣を気にする素振りも見せなかったが、その姿は憔悴し切った感じで、シャツの第1ボタンは締めず、ネクタイはよれよれ。礼服ははち切れんばかりにパンパンだった。

 関係者と挨拶を交わして式場の中に入り、5分ほどで焼香を済ませると、車の後部座席に乗り込んで帰っていった。

 Aさんは東京・六本木で飲食店を経営。16年3月に清原氏が保釈された際は、自ら車で出迎え、千葉の病院まで送り届けた。清原氏が逮捕される前には運転手を務めていたこともあり、「一緒にゴルフをしたり高級クラブで豪遊するなど10年来の親友」(知人)だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事