日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

テレビ特番で涙の懺悔…清原和博の切迫した“金銭事情”

「濃紺のスーツに身を包み、丸刈りだった頭を七三に分けた姿からは、当時の威圧するような雰囲気はなかったものの、腹はダブつき、目はうつろ。額に噴き出る汗を拭いながら発する言葉に覇気はなかった。体調を含めて、むしろ心配になった」

 古巣・西武関係者の感想だ。

 清原和博(49)が、今年2月に覚醒剤使用で逮捕、起訴されてから初めて一部メディアの取材に応じた。3時間に及ぶインタビューを行ったというTBSが、24日の「ニュースキャスター」でその一部を放送。

 そこで清原は「このたびは世の中の皆さま、そして少年野球、高校野球、プロ野球、名球会、すべての皆さまのことを大変失望させてしまい、本当に申し訳ありませんでした」と頭を下げると、「覚醒剤は化け物、悪魔。一日一日の闘い。今日は勝ったぞ、明日も頑張ろうという毎日の積み重ね。二度と手を出さないとは言えない。そう言い切れるのは、最後、自分が死ぬとき」と、今も禁断症状に悩まされている現状を告白。「息子に会いたい」と涙も見せた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事