• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

テレビ特番で涙の懺悔…清原和博の切迫した“金銭事情”

「濃紺のスーツに身を包み、丸刈りだった頭を七三に分けた姿からは、当時の威圧するような雰囲気はなかったものの、腹はダブつき、目はうつろ。額に噴き出る汗を拭いながら発する言葉に覇気はなかった。体調を含めて、むしろ心配になった」

 古巣・西武関係者の感想だ。

 清原和博(49)が、今年2月に覚醒剤使用で逮捕、起訴されてから初めて一部メディアの取材に応じた。3時間に及ぶインタビューを行ったというTBSが、24日の「ニュースキャスター」でその一部を放送。

 そこで清原は「このたびは世の中の皆さま、そして少年野球、高校野球、プロ野球、名球会、すべての皆さまのことを大変失望させてしまい、本当に申し訳ありませんでした」と頭を下げると、「覚醒剤は化け物、悪魔。一日一日の闘い。今日は勝ったぞ、明日も頑張ろうという毎日の積み重ね。二度と手を出さないとは言えない。そう言い切れるのは、最後、自分が死ぬとき」と、今も禁断症状に悩まされている現状を告白。「息子に会いたい」と涙も見せた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  2. 2

    英紙も警告 2020年の東京五輪は“殺人オリンピック”になる

  3. 3

    豪雨初動遅れも反省なし…安倍政権が強弁するウソと言い訳

  4. 4

    否定会見で墓穴 古屋圭司議員の“裏金”疑惑ますます深まる

  5. 5

    ZOZO社長とW杯決勝観戦 剛力彩芽“はじけっぷり”に心配の声

  6. 6

    検察は動くか アベトモ古屋議員に裏金疑惑が浮上 

  7. 7

    主砲にも日本語でタメ口 エンゼルス大谷「英語力」の謎

  8. 8

    “苦戦の戦犯”は金本監督 阪神の凡ミス多発は意識の低さ

  9. 9

    助っ人はベンチに 阪神・金本監督はロサリオが嫌いなのか

  10. 10

    9月の過密日程より心配 阪神が抱える“ロサリオ・大山問題”

もっと見る