二田一比古
著者のコラム一覧
二田一比古ジャーナリスト

福岡県出身。大学卒業後、「微笑」(祥伝社)の記者に。その後、「Emma」「週刊文春」(ともに文芸春秋)をはじめ、多くの週刊誌、スポーツ新聞で芸能分野を中心に幅広く取材、執筆を続ける。フリー転身後はコメンテーターとしても活躍。

香取慎吾“謎の少年” 無防備行動は脱アイドル意識の表れか

公開日: 更新日:

 先週、「文春砲」が報じた香取慎吾(40)の“20年来の恋人と謎の少年”と題したスクープ記事。巻頭のグラビアからしてインパクトがあった。“夜空ノムコウ”ならぬ夜空の下、ゴンドラに乗った香取と少年。香取がスマホをかざして少年との写真を撮る光景は普通に見れば、仲むつまじい父子のツーショットだが――。

 かねて「香取は結婚していて子供もいる」との噂は流れていた。芸能界には「○○に隠し子がいる」といった話は都市伝説のようにあった。大半は確証もなく噂の域を出ることはなかったが、香取の話はSMAP解散騒動後からさらに加速していた。それでも確証はない。文春もあくまでも「謎の少年」として報じている。香取も「友人の子」と否定する。

 週刊誌はあくまでも「事実」をいくつも提供するが、「真実」とは断定できない。不倫報道でも本人が「不倫」と認めない限り「不倫疑惑」となるように。後は報道を見た人がどう捉えるかだけ。香取の謎の少年も、「香取の子供」と見る人もいれば「香取が言う通り友人の子」と思う人もいるはず。これ以上、追及はできない。少年は謎の少年として推移することになるだろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    上昌広氏が“夜の街”叩きに警鐘「感染が蔓延するパターン」

  2. 2

    小池都政に隠蔽発覚「コロナ感染予測文書」を破棄していた

  3. 3

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  4. 4

    火野正平の“人徳” 不倫取材なのに周りから笑みがこぼれる

  5. 5

    沖縄基地で集団感染 米国コロナ蔓延危機も安倍政権は傍観

  6. 6

    第2、第3どころか…木下優樹菜引退の裏にいる「4人の男」

  7. 7

    織田組長の絆會が近く解散を発表か 山健組の分裂話も浮上

  8. 8

    木下優樹菜に仕事なくても給料払うと申し出た事務所の温情

  9. 9

    最下位低迷で待ったなし 虎が今オフ粛清するベテラン選手

  10. 10

    手越祐也の活躍にジャニーズ歯噛み?「嵐超え」も射程圏内

もっと見る