ピンクの電話の竹内都子さん 3年待った96本100万円ワイン

公開日: 更新日:

 かといって、オーナーに「どうなってるんですか?」と問い合わせるのも気がひける。それで友人に相談したら、一様に「今さらだけど覚書的なものをもらったほうがいい」と言われ、そんな中で唯一「最後まで信じようよ」と言ってくださったのが最初にお話しした放送作家さん。

「ダマされる時はダマされるもんだよ」

「うん。私、そうする」

 こんな会話をしてちょうど1カ月後。台車をガタガタいわせながら、オーナーさんが例のワインを持ってきてくださったんです。うれしかったですね。本当にホッとしました。でも、きっとなかなか入荷しなくて一番やきもきしてたのはオーナーさんかもしれません。

■プレミアムがついて1本10万円超えに

 ワインを初めて開けたのは翌年2月。結婚記念日に合わせて、アドバイスをいただいた放送作家さんご夫婦を招待しました。いざ飲んでみたら、うまく表現できないのですが、芳醇でエレガントでビロードのような舌触り。すごくおいしい。買って大正解でした。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “愛の巣”から消えた…二宮和也と伊藤綾子の破局説を検証

  2. 2

    慶応幼稚舎の教育を国内最高峰と勘違いする生徒たち

  3. 3

    最終議席予想は安倍敗北 改憲勢力75議席で3分の2に届かず

  4. 4

    この声も警察は排除するのか 地鳴りのような「安倍辞めろ」

  5. 5

    たとえ自分の議席を失ってもすでに山本太郎は勝っている

  6. 6

    れいわ野原に学会票 東京で公明が共産に半世紀ぶり敗北か

  7. 7

    大船渡・佐々木に“神風” V候補敗退しジャッジも援護射撃に

  8. 8

    センバツV東邦や強豪校が地方大会序盤で相次ぎ消えた理由

  9. 9

    ジャニーズからの圧力は? キー局の見解と元SMAP3人の今後

  10. 10

    7/20~7/26のあなたの運勢

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る