「運動後は舌が敏感」 森脇健児が27歳で気づいた酒の味

公開日:

 バラエティー番組「走る男」シリーズや「オールスター感謝祭」で“スポーツタレント”として定着した森脇健児さん(50)。ロケで地方へ行くと、うまい酒、おいしい肴が待っている。

  ◇  ◇  ◇

 酒を覚えたのは松竹芸能に所属して漫才コンビ「若井ぼん・はやと」のはやと師匠の弟子になってからです。ちょうど1980年代半ば。世はバブル景気に向かって駆け上がっていく時で、師匠も当時の漫才ブームのおかげで毎日、テレビ、ラジオ、寄席にと大忙し。チップもバンバン入って羽振りがよかったからね。仕事が終わると、弟子や若手の芸人を2、3人引き連れて道頓堀のネオン街を飲み歩いてました。

 それが毎晩。しかも必ず3軒、4軒とハシゴされるんですね。そして最後はヘベレケになった師匠をタクシーで自宅へ送り届け、深夜とか朝方に一日が終わる……。そんな飲み方を師匠は1年365日、うるう年の時は366日休まないんですから、酒屋の営業マンより酒の種類に詳しいほどです。ほとんど飲めなかった僕もそりゃ、強くなりますよ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  5. 5

    前のめり安倍首相に露が食わす「条文作成」の毒まんじゅう

  6. 6

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  7. 7

    専門医は「説明不能」…米11歳少女の悪性脳腫瘍が消えた!

  8. 8

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  9. 9

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  10. 10

    安倍首相の「フェイク発言」を追及しない本土のマスコミ

もっと見る