「運動後は舌が敏感」 森脇健児が27歳で気づいた酒の味

公開日:

 バラエティー番組「走る男」シリーズや「オールスター感謝祭」で“スポーツタレント”として定着した森脇健児さん(50)。ロケで地方へ行くと、うまい酒、おいしい肴が待っている。

  ◇  ◇  ◇

 酒を覚えたのは松竹芸能に所属して漫才コンビ「若井ぼん・はやと」のはやと師匠の弟子になってからです。ちょうど1980年代半ば。世はバブル景気に向かって駆け上がっていく時で、師匠も当時の漫才ブームのおかげで毎日、テレビ、ラジオ、寄席にと大忙し。チップもバンバン入って羽振りがよかったからね。仕事が終わると、弟子や若手の芸人を2、3人引き連れて道頓堀のネオン街を飲み歩いてました。

 それが毎晩。しかも必ず3軒、4軒とハシゴされるんですね。そして最後はヘベレケになった師匠をタクシーで自宅へ送り届け、深夜とか朝方に一日が終わる……。そんな飲み方を師匠は1年365日、うるう年の時は366日休まないんですから、酒屋の営業マンより酒の種類に詳しいほどです。ほとんど飲めなかった僕もそりゃ、強くなりますよ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  2. 2

    安倍首相は「年金資産」を北方領土とバーターする気だった

  3. 3

    大谷のア新人王を非難 東地区2球団の投手陣が右肘を狙う

  4. 4

    日産ゴーン逮捕の裏側と今後 衝撃はこれからが本番だ<上>

  5. 5

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  6. 6

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  7. 7

    エ軍が大谷の復帰に慎重姿勢 あの日本人投手が反面教師に

  8. 8

    ソフトBが“相場破壊” 浅村に大魔神&松井超えの札束用意か

  9. 9

    大みそかToshlとYOSHIKI“バラ売り” 「X JAPAN」どうなる?

  10. 10

    大人も答えられない「正しいあいさつ」を小2に押しつけ

もっと見る