ピンクの電話の竹内都子さん 3年待った96本100万円ワイン

公開日:

 バラエティー番組だけでなく、ドラマでも活躍中の「ピンクの電話」竹内都子さん(55)。俳優でご主人の菅原大吉さんと一緒にイタリアへワインツアーに行くほどのワイン好きだ。

■毎年の結婚記念日に開けるワインを購入

「もう3年待ったんだからさ。もう少し待ってみたら? 何の覚書も証明書もなく、口約束通りに届いた方が美しいよね」

 98年ですから、今から19年前の初夏だったと思います。“あるワイン”のことをポロッと漏らしたら、一番親しい放送作家の方が私にこう言うのです。あるワインとは95年2月の結婚を記念して、その年5月に予約注文した「シャトー・ラフィット・ロートシルト」と「シャトー・ラトゥール」の95年ものの赤。それぞれ48本、計96本。

 なぜこんなにたくさんまとめて注文したのかというと、当時、主人と2人でよく通った渋谷のワインレストランのオーナーから、こんな話を聞いたのがきっかけでした。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  3. 3

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  4. 4

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  5. 5

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  6. 6

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  7. 7

    統計調査不正を逆利用 安倍首相がもくろむ政権浮揚プラン

  8. 8

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  9. 9

    稀勢の里引退決断 歴代最低“36勝36敗97休”の不名誉記録

  10. 10

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

もっと見る