亀梨&山Pコンビ再び 「ボク運」設定に“使い回し説”も?

公開日:

 これまで29年間、土曜夜9時に放送されていた日本テレビ系「土曜ドラマ」が、4月15日放送の「ボク、運命の人です。」から10時に移動する。記念すべき「土10」第1作とあって、キャストも豪華。2005年の大ヒットドラマ「野ブタ。をプロデュース」に出演した亀梨和也(31)と山下智久(32)のコンビを再びメーンキャストに据え、主題歌も2人の特別ユニットが担当するという力の入れようだ。

 この記念ドラマの脚本を担当するのが、ジャニーズ俳優が出演するドラマを多く手がけている人気脚本家・金子茂樹氏。これまで「危険なアネキ」「ハチミツとクローバー」「きょうは会社休みます。」「世界一難しい恋」など、話題になったドラマを手がけてきた。

「嵐の5人が出演したスペシャルドラマ『最後の約束』をはじめ、生田斗真、山下智久、中島裕翔、大野智などジャニーズ俳優の出演ドラマで結果を残している実力派です。オリジナルのラブストーリーも多く手がけていますが、そのほとんどがハッピーエンド。今作『ボク運』も、見ていて安心できる物語になると思います。大きく外すことはまずありえないでしょう」(テレビ誌ライター)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ロシア専門家が警鐘「北方領土問題進展は日本側の幻想」

  2. 2

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  3. 3

    魔性の女が復活…「あな渡」は“荻野目慶子劇場”と化した

  4. 4

    ソフトバンクを襲った“3重苦” 上場延期説が市場を駆け巡る

  5. 5

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  6. 6

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

  7. 7

    FA丸を筆頭に総額50億円大補強…巨人最大の問題はリリーフ

  8. 8

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  9. 9

    試行錯誤を経てたどり着いた「バントは時間稼ぎ」の極意

  10. 10

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

もっと見る