• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

亀梨&山Pコンビ再び 「ボク運」設定に“使い回し説”も?

 これまで29年間、土曜夜9時に放送されていた日本テレビ系「土曜ドラマ」が、4月15日放送の「ボク、運命の人です。」から10時に移動する。記念すべき「土10」第1作とあって、キャストも豪華。2005年の大ヒットドラマ「野ブタ。をプロデュース」に出演した亀梨和也(31)と山下智久(32)のコンビを再びメーンキャストに据え、主題歌も2人の特別ユニットが担当するという力の入れようだ。

 この記念ドラマの脚本を担当するのが、ジャニーズ俳優が出演するドラマを多く手がけている人気脚本家・金子茂樹氏。これまで「危険なアネキ」「ハチミツとクローバー」「きょうは会社休みます。」「世界一難しい恋」など、話題になったドラマを手がけてきた。

「嵐の5人が出演したスペシャルドラマ『最後の約束』をはじめ、生田斗真、山下智久、中島裕翔、大野智などジャニーズ俳優の出演ドラマで結果を残している実力派です。オリジナルのラブストーリーも多く手がけていますが、そのほとんどがハッピーエンド。今作『ボク運』も、見ていて安心できる物語になると思います。大きく外すことはまずありえないでしょう」(テレビ誌ライター)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  2. 2

    もし破局したら…“恋愛露出狂”剛力&前澤社長の未来予想図

  3. 3

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  4. 4

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  5. 5

    ガッツポーズ禁止と熱中症“美談化”…球児を潰すご都合主義

  6. 6

    安倍首相が異例の神社参拝3連発 総裁選に不安で“神頼み”

  7. 7

    まるで炎上商法 “超人ショー”と化した24時間TVの存在価値

  8. 8

    木更津総合・五島監督に聞く ドラフト候補が進学する理由

  9. 9

    藤井氏“安倍内閣は酷すぎ”発言 なかなかいえない本当の話

  10. 10

    剛力は助言無視で再炎上…救えるのはバナナマン日村だけか

もっと見る