関ジャニにも飛び火か 濱松恵“売名テロ”に戦々恐々の面々

公開日: 更新日:

「アナタはただの便乗なの!」と元祖・売名クイーンの加藤紗里(26)に言い放ったのは、濱松恵(34)だ。

 濱松は、先月28日発売のフラッシュで、女子プロレスラーの上林愛貴(40)と事実婚状態にある東京03・豊本明長(41)との“不倫交際”をスクープされ、生々しいエロLINEが明るみに。実はこの濱松、加藤が知名度を上げるきっかけとなった、狩野英孝(35)の6股の中の1人でもあり、“今が旬”とばかりに、露骨な売名作戦を展開中なのだ。ブログにはマネジャーの携帯も明記。テレビ、新聞、雑誌などに売り込みをかけるなど精力的に営業活動を行っている。

 そんな濱松は10日“元祖・売名”の加藤とフジテレビ系「バイキング」で直接対決。その後のブログでは番組のヤラセについて滔々と言及するにとどまらず、狩野英孝、川崎麻世(54)、「本能寺の変」で話題になったエグスプロージョン・おばらよしお(35)との過去についても赤裸々に明かした。さらに関ジャニ∞渋谷すばる(35)、佐々木希(29)と結婚宣言したばかりのアンジャッシュ渡部建(44)との交際もネット上ではささやかれるなど、“身に覚え”のある芸能人は戦々恐々だという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    パンデミックが起きても慌てない 今から始める備蓄リスト

  2. 2

    再雇用中の64歳 大病などがなかったのに退職金が漸減した

  3. 3

    青木理氏「無知」と「無恥」に蝕まれる憲政史上最愚の政権

  4. 4

    住宅ローン完済で悠々自適の第二の人生が始まるはずが…

  5. 5

    中居正広「気持ち尊重」発言の意味…退所の真相はリストラ

  6. 6

    丸投げの安倍政権 新型コロナ基本方針は“国は何もしない”

  7. 7

    中居正広を支える華麗なる人脈 “ぼっち独立”も明るい未来

  8. 8

    新型ウイルス対策 「東京は封鎖できるか」内閣官房に聞く

  9. 9

    作家・中村文則氏 国民の命にまで…安倍政権はもう限界だ

  10. 10

    小学生も新型コロナ感染で…結婚式や卒業式はどうなる?

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る