関ジャニにも飛び火か 濱松恵“売名テロ”に戦々恐々の面々

公開日:  更新日:

「アナタはただの便乗なの!」と元祖・売名クイーンの加藤紗里(26)に言い放ったのは、濱松恵(34)だ。

 濱松は、先月28日発売のフラッシュで、女子プロレスラーの上林愛貴(40)と事実婚状態にある東京03・豊本明長(41)との“不倫交際”をスクープされ、生々しいエロLINEが明るみに。実はこの濱松、加藤が知名度を上げるきっかけとなった、狩野英孝(35)の6股の中の1人でもあり、“今が旬”とばかりに、露骨な売名作戦を展開中なのだ。ブログにはマネジャーの携帯も明記。テレビ、新聞、雑誌などに売り込みをかけるなど精力的に営業活動を行っている。

 そんな濱松は10日“元祖・売名”の加藤とフジテレビ系「バイキング」で直接対決。その後のブログでは番組のヤラセについて滔々と言及するにとどまらず、狩野英孝、川崎麻世(54)、「本能寺の変」で話題になったエグスプロージョン・おばらよしお(35)との過去についても赤裸々に明かした。さらに関ジャニ∞の渋谷すばる(35)、佐々木希(29)と結婚宣言したばかりのアンジャッシュ渡部建(44)との交際もネット上ではささやかれるなど、“身に覚え”のある芸能人は戦々恐々だという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  3. 3

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

  4. 4

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  5. 5

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  6. 6

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  7. 7

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  8. 8

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  9. 9

    平成最後の紅白は迷走…“目玉なし”で視聴率最低の大ピンチ

  10. 10

    東電に8兆円超も税金投入…政府や電力会社がおかしい!

もっと見る