<中>世の中が“右へ倣え”の風潮の中、役者は何をすべきか

公開日:

 チョイ役から主役級まで数多くの役でほかの役者との違いを出してきた。1962年のデビューから、すでに55年。大ベテランは、今のテレビドラマをどのように思っているのだろうか。

  ◇  ◇  ◇

 今は昔と違って、人間が薄味になっている気がします。僕が中学生だった頃は、町内にいろいろな顔をした大人が住んでいました。

 僕は人類学者ではないので専門的なことは分かりませんが、肌感覚として、多様性が乏しくなっているように思います。それがテレビドラマにも影響しているのではないでしょうか。

 ドラマっていうのは一種の差別や区別から生まれるもの。話の通じない者同士のやりとりが、はたから見ていて楽しいのです。同じようなタイプ、考えの人間ばかりになってしまうと、時代を映す鏡であるドラマは作りづらくなる。テレビドラマが元気がないなんていわれるのは、乱暴に言ってしまえば、時代のせいかもしれません。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は喜色満面だったが…FA丸獲得で巨人が買った“火種”

  2. 2

    ゴーン起訴・再逮捕がトドメ…拍車がかかる特捜部解体論

  3. 3

    二階幹事長“重病説”で急浮上「後任本命に竹下亘氏」の狙い

  4. 4

    安倍首相の“言葉遊び”を超えた詐欺師の手法はいずれバレる

  5. 5

    好きな女子アナに異変…弘中綾香&宇垣美里が好かれるワケ

  6. 6

    まさか飲酒? 深夜の議員宿舎で維新の議員がド派手な事故

  7. 7

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  8. 8

    SNS全盛時代に学ぶ 明石家さんまの金言「丸裸にならない」

  9. 9

    丸の“広島エキス”が原監督の狙い G若手を待つ地獄の練習量

  10. 10

    米中“諜報戦争”激化で…安倍首相は日中関係のちゃぶ台返し

もっと見る