<中>世の中が“右へ倣え”の風潮の中、役者は何をすべきか

公開日:

 チョイ役から主役級まで数多くの役でほかの役者との違いを出してきた。1962年のデビューから、すでに55年。大ベテランは、今のテレビドラマをどのように思っているのだろうか。

  ◇  ◇  ◇

 今は昔と違って、人間が薄味になっている気がします。僕が中学生だった頃は、町内にいろいろな顔をした大人が住んでいました。

 僕は人類学者ではないので専門的なことは分かりませんが、肌感覚として、多様性が乏しくなっているように思います。それがテレビドラマにも影響しているのではないでしょうか。

 ドラマっていうのは一種の差別や区別から生まれるもの。話の通じない者同士のやりとりが、はたから見ていて楽しいのです。同じようなタイプ、考えの人間ばかりになってしまうと、時代を映す鏡であるドラマは作りづらくなる。テレビドラマが元気がないなんていわれるのは、乱暴に言ってしまえば、時代のせいかもしれません。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    唯一トラックマン未導入でも…勝てる広島の「データ戦略」

  8. 8

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

  9. 9

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  10. 10

    データ分析室も機能せず…巨人に“天敵投手”続々の真犯人

もっと見る