<下>高齢者ドライバー事故報道は、本音をいえば迷惑な話

公開日:

 27日公開の映画「家族はつらいよ2」(松竹系)は、数多くの喜劇を生み出してきた山田洋次監督(85)の真骨頂だ。熟年夫婦と3世代の同居家族とのトラブルなどを描いた前作に続き、橋爪は、まるで水を得た魚のように頑固オヤジの家長を演じている。運転免許証の返納や孤独な老後を送る友人の死など、高齢者が抱える問題を描いた今作では思うところが多かったという。

  ◇  ◇  ◇

 僕が演じる周造さんもそうですが、平田家の面々は自分勝手だったりせこかったりと出来損ないばかり。ただ、小学生のときにクラスメートから「何、いちびっとんねん」と突っ込まれるお調子者の子供だった僕は、わがままでいつも騒動を引き起こす周造さんがいとおしくてたまりません(笑い)。

 世の中の動きに敏感な山田監督は、免許返納を巡って父親とケンカになったというスタッフの話から着想を得て、最新作で高齢者の運転をめぐる話を書かれました。僕も運転はします。さすがに最近は少なくなりましたが、東京から京都の撮影所まで、自分で運転して行くこともあります。自分がいる空間は同じなのに、距離と時間が流れていくうちに場所が変わっていくのが、何だか心地よくて好きなんです。車の運転も、ある種の現実逃避ができるフィクションの世界ですよね。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  2. 2

    30歳でNHK朝ドラ主演 戸田恵梨香ついに“後輩”に追いついた

  3. 3

    ソフトバンクを襲った“3重苦” 上場延期説が市場を駆け巡る

  4. 4

    実力は和牛でも…霜降り明星「M-1優勝」のメンタルを分析

  5. 5

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  6. 6

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  7. 7

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  8. 8

    FA浅村に続き西も ソフトB「連敗」の裏に細かすぎる査定

  9. 9

    市場が警戒する「危ない21社」 GC注記は半年前から2社増

  10. 10

    則本、美馬、銀次…FA浅村獲得も楽天に迫る“流出ラッシュ”

もっと見る