• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

<下>高齢者ドライバー事故報道は、本音をいえば迷惑な話

 27日公開の映画「家族はつらいよ2」(松竹系)は、数多くの喜劇を生み出してきた山田洋次監督(85)の真骨頂だ。熟年夫婦と3世代の同居家族とのトラブルなどを描いた前作に続き、橋爪は、まるで水を得た魚のように頑固オヤジの家長を演じている。運転免許証の返納や孤独な老後を送る友人の死など、高齢者が抱える問題を描いた今作では思うところが多かったという。

  ◇  ◇  ◇

 僕が演じる周造さんもそうですが、平田家の面々は自分勝手だったりせこかったりと出来損ないばかり。ただ、小学生のときにクラスメートから「何、いちびっとんねん」と突っ込まれるお調子者の子供だった僕は、わがままでいつも騒動を引き起こす周造さんがいとおしくてたまりません(笑い)。

 世の中の動きに敏感な山田監督は、免許返納を巡って父親とケンカになったというスタッフの話から着想を得て、最新作で高齢者の運転をめぐる話を書かれました。僕も運転はします。さすがに最近は少なくなりましたが、東京から京都の撮影所まで、自分で運転して行くこともあります。自分がいる空間は同じなのに、距離と時間が流れていくうちに場所が変わっていくのが、何だか心地よくて好きなんです。車の運転も、ある種の現実逃避ができるフィクションの世界ですよね。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  3. 3

    衝撃の発毛剤CM 草彅剛の“捨て身っぷり”が称賛されるワケ

  4. 4

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  5. 5

    被災地で黙々とボランティア活動 吉川晃司の“気骨と矜持”

  6. 6

    山根明氏が天覧試合で解説…写真の存在に文科省が戦々恐々

  7. 7

    石破氏の「公平な行政」パクリ…安倍首相の姑息な争点潰し

  8. 8

    憧れの安室も絶賛 イモトアヤコは「イエスマン」報われた

  9. 9

    フジは稲垣をドラマ起用 立ち位置に違いが出始めた元SMAP

  10. 10

    3年ぶり減益予想 企業業績の悪化がアベノミクスのトドメに

もっと見る