<下>高齢者ドライバー事故報道は、本音をいえば迷惑な話

公開日: 更新日:

 27日公開の映画「家族はつらいよ2」(松竹系)は、数多くの喜劇を生み出してきた山田洋次監督(85)の真骨頂だ。熟年夫婦と3世代の同居家族とのトラブルなどを描いた前作に続き、橋爪は、まるで水を得た魚のように頑固オヤジの家長を演じている。運転免許証の返納や孤独な老後を送る友人の死など、高齢者が抱える問題を描いた今作では思うところが多かったという。

  ◇  ◇  ◇

 僕が演じる周造さんもそうですが、平田家の面々は自分勝手だったりせこかったりと出来損ないばかり。ただ、小学生のときにクラスメートから「何、いちびっとんねん」と突っ込まれるお調子者の子供だった僕は、わがままでいつも騒動を引き起こす周造さんがいとおしくてたまりません(笑い)。

 世の中の動きに敏感な山田監督は、免許返納を巡って父親とケンカになったというスタッフの話から着想を得て、最新作で高齢者の運転をめぐる話を書かれました。僕も運転はします。さすがに最近は少なくなりましたが、東京から京都の撮影所まで、自分で運転して行くこともあります。自分がいる空間は同じなのに、距離と時間が流れていくうちに場所が変わっていくのが、何だか心地よくて好きなんです。車の運転も、ある種の現実逃避ができるフィクションの世界ですよね。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    再始動の槙原敬之は2度目逮捕時の“激太り&無精ひげ”からサッパリ 「クスリ断ち回復の証し」と元マトリ

    再始動の槙原敬之は2度目逮捕時の“激太り&無精ひげ”からサッパリ 「クスリ断ち回復の証し」と元マトリ

  2. 2
    自民党総裁選を「野田聖子票」が撹乱 論戦で他候補をグサリ、安倍・麻生・岸田連合はビクビク

    自民党総裁選を「野田聖子票」が撹乱 論戦で他候補をグサリ、安倍・麻生・岸田連合はビクビク

  3. 3
    巨人は足踏み、阪神首位キープのナゼ…「セ捕手初のMVP」中尾孝義氏に聞いた

    巨人は足踏み、阪神首位キープのナゼ…「セ捕手初のMVP」中尾孝義氏に聞いた

  4. 4
    自民党総裁選は1回目投票から「1位・岸田」の票読みまで飛び交い…河野陣営“甘すぎる皮算用”

    自民党総裁選は1回目投票から「1位・岸田」の票読みまで飛び交い…河野陣営“甘すぎる皮算用”

  5. 5
    山本淳一は「妻をソープ送り」報道…光GENJIの“哀れな末路”

    山本淳一は「妻をソープ送り」報道…光GENJIの“哀れな末路”

もっと見る

  1. 6
    「新しい地図」は“東方神起パターン”で地上波復活へ Eテレ登場で大賑わい!

    「新しい地図」は“東方神起パターン”で地上波復活へ Eテレ登場で大賑わい!

  2. 7
    鈴木杏樹「4000円ラブホ不倫」から1年半… 五十路のセクシー路線で本格再始動

    鈴木杏樹「4000円ラブホ不倫」から1年半… 五十路のセクシー路線で本格再始動

  3. 8
    元祖“陰キャ”アイドル中川翔子が魅せた「36歳純白ビキニ」の底力 動画再生800万回突破!

    元祖“陰キャ”アイドル中川翔子が魅せた「36歳純白ビキニ」の底力 動画再生800万回突破!

  4. 9
    眞子さま渡米直前に…小室さんの履歴書「虚偽記載」疑惑、就職にそれでも影響がないワケ

    眞子さま渡米直前に…小室さんの履歴書「虚偽記載」疑惑、就職にそれでも影響がないワケ

  5. 10
    森友問題「再調査しない」と断言する総裁候補3人は、赤木雅子さんの奮闘ぶりを知るべき

    森友問題「再調査しない」と断言する総裁候補3人は、赤木雅子さんの奮闘ぶりを知るべき