<上>僕は随分長い間、2番手、3番手の俳優でした。でも…

公開日:

 シリアスからコミカルまで、舞台、映画、ドラマと土俵を選ばず、出演した作品で独特の存在感を放つ。俳優の橋爪功、75歳。役者の道を歩み続けてはや50年以上、決して平坦な道のりではなかったその半生を振り返る。

  ◇  ◇  ◇

 僕が役者だけで食べられるようになったのは、40歳を過ぎてからです。それまでいろいろなアルバイトもしましたし、他人様に迷惑をかけたりもしました。ただ、役者を辞めようと思ったことは一度もありませんね。

 40代になったころから、テレビドラマのプロデューサーや監督が「この役はヅメさんしかできないから頼むんだよ」などと持ち上げながらオファーをいただくようになりました。ですが、よくよく見たら台本の一部が黒く塗り潰されていたり、何かを貼って修正されたりしている。そんな経験は一度や二度ではありません。これが何を意味するかというと、他の役者が断ったからこちらにお鉢が回ってきたということなんです。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    唯一トラックマン未導入でも…勝てる広島の「データ戦略」

  8. 8

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

  9. 9

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  10. 10

    データ分析室も機能せず…巨人に“天敵投手”続々の真犯人

もっと見る