元TBS小島慶子が処女小説でつづった 女子アナの暗部と恥部

公開日:  更新日:

 タレント、エッセイストとして活動する元TBSアナウンサーの小島慶子(42)が先月末、初の小説本「わたしの神様」(幻冬舎)を上梓した。40代女性をターゲットとした月刊誌「DRESS」で13年6月号から約1年半の連載を一冊にまとめたもの。

 テレビ局を舞台に人気絶頂のアイドル女子アナや、高齢出産を控えたお局アナ、花形の政治部記者を経てニュース番組のテコ入れに抜擢されるも婚期を逃した女性ディレクターなどなど、業界に生きる女たちの敵意むき出しの壮絶なバトルが描かれている。

 初版部数は1万部と異例の多さだが、版元によると売れ行きは好調。しかも、書評の専門家の評価もすこぶる高い。

「単なる女性同士のドロドロな人間模様を描いた作品ではありません。『女子アナ=自分大肯定の最強女子』という言葉が出てくるのですが、これは揶揄だけではなく、きちんとポジティブな意味も込められている言葉。全編を通じて、自分を肯定することを是とし、不当におとしめていない姿勢に著者の平等さが表れている。労力を惜しまず、丁寧に紡がれた読み応えのあるエンターテインメント小説です」(書評ライターの倉本さおり氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権に財界ソッポ 目玉の「原発輸出」日立凍結で全滅

  2. 2

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

  3. 3

    嫌われクロちゃんが一転…キャバ嬢に大人気の意外な理由

  4. 4

    「今日俺」人気を陰で支えた“カメレオン俳優”太賀の底力

  5. 5

    嶋大輔が復活!「今日俺」でのリバイバルに本人びっくり

  6. 6

    北島三郎復帰に“禁じ手” 平成最後のNHK紅白は無法地帯に

  7. 7

    和田アキ子の大晦日が“空白” NHK紅白サプライズ出演あるか

  8. 8

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  9. 9

    中日から強奪は“吉”か 虎入り確実ガルシアに3つの懸念材料

  10. 10

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

もっと見る