元TBS小島慶子が処女小説でつづった 女子アナの暗部と恥部

公開日: 更新日:

 タレント、エッセイストとして活動する元TBSアナウンサーの小島慶子(42)が先月末、初の小説本「わたしの神様」(幻冬舎)を上梓した。40代女性をターゲットとした月刊誌「DRESS」で13年6月号から約1年半の連載を一冊にまとめたもの。

 テレビ局を舞台に人気絶頂のアイドル女子アナや、高齢出産を控えたお局アナ、花形の政治部記者を経てニュース番組のテコ入れに抜擢されるも婚期を逃した女性ディレクターなどなど、業界に生きる女たちの敵意むき出しの壮絶なバトルが描かれている。

 初版部数は1万部と異例の多さだが、版元によると売れ行きは好調。しかも、書評の専門家の評価もすこぶる高い。

「単なる女性同士のドロドロな人間模様を描いた作品ではありません。『女子アナ=自分大肯定の最強女子』という言葉が出てくるのですが、これは揶揄だけではなく、きちんとポジティブな意味も込められている言葉。全編を通じて、自分を肯定することを是とし、不当におとしめていない姿勢に著者の平等さが表れている。労力を惜しまず、丁寧に紡がれた読み応えのあるエンターテインメント小説です」(書評ライターの倉本さおり氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    日本がワクチン後進国になってしまった「3つの理由」

  2. 2

    ワクチン接種後19人死亡の衝撃 基礎疾患のない26歳女性も

  3. 3

    紗栄子は魔性の女…17歳アーティストYOSHIを骨抜きにした

  4. 4

    芸能界で話題もちきり“五輪中止論” たけしがスルーの背景

  5. 5

    阪神藤浪に二軍調整はもう不要…ドラ2伊藤の活躍が追い風

  6. 6

    福山雅治はNHK出演も語らず 自身の“家族の物語”は謎だらけ

  7. 7

    石田純一は“枕営業”迫られた…衝撃の未遂体験と告白の影響

  8. 8

    菅田将暉がミスキャスト?「コントが始まる」低迷の元凶

  9. 9

    2人は前世で親友だった?1枚の食事の写真に全米がホッコリ

  10. 10

    大阪府100万人あたりのコロナ死者数「インド超え」の衝撃

もっと見る