結婚断念を宣言 “国民的独身”になった有働由美子の今後

公開日: 更新日:

「(結婚への思いは)それもなくなりましたねぇ。なんかもうねぇ」と答えたのは、NHKアナウンサーの有働由美子(48)。48歳の誕生日の翌日、自宅マンションに戻ってきた有働を女性週刊誌が直撃。自身の結婚について、“もうそんな夢は持っていない”と語ったのだ。

 13年から5歳年下の御曹司との遠距離交際が報じられていた有働だが、昨年10月「もう1回、人を愛してみたい」と意味深な発言をしていたため、失恋したのではと噂されていたが「今は愛犬と一緒に幸せに暮らしていければそれでいい」と、自身の口から切ない身の上を明かしたのだ。

 有働といえば、2000年秋、横浜ベイスターズ(当時)の石井琢朗宅に通う“サングラスに巻き髪ロングカツラ”の変装が写真週刊誌に載るなど、仕事も恋もフルスイングの「肉食系」で通っていただけに、ネット上では「隠居か?」とまで。枯れ切ったコメントについて“視え過ぎるスピリチュアル芸人”パシンペロンはやぶさ氏がこう分析する。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豪邸が粉々…ベイルートを逃げ出したゴーン被告が向かう先

  2. 2

    堀田茜と紫吹淳も離脱…オスカー崩壊の裏に恐怖の社内改革

  3. 3

    南野陽子再ブレーク!「半沢直樹」で狙いのねっとり関西弁

  4. 4

    レバノン大爆発…逃亡したゴーン被告に迫る深刻な危機

  5. 5

    台紙の上部には見えないのに下部にだけ広がる「斜線」の謎

  6. 6

    米倉涼子は独立から半年 次回作が決まらない「2つの理由」

  7. 7

    定規で測ったように一角だけ絹目が見えないラミネート跡

  8. 8

    これはやりすぎ…夫の浮気現場でCA妻が取った驚きの行動

  9. 9

    半沢直樹を下支えする肝っ玉母 菅野美穂と上戸彩の共通点

  10. 10

    三浦春馬「14年ギャラクシー賞」贈賞式ドタキャンの不可解

もっと見る