• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

結婚断念を宣言 “国民的独身”になった有働由美子の今後

「(結婚への思いは)それもなくなりましたねぇ。なんかもうねぇ」と答えたのは、NHKアナウンサーの有働由美子(48)。48歳の誕生日の翌日、自宅マンションに戻ってきた有働を女性週刊誌が直撃。自身の結婚について、“もうそんな夢は持っていない”と語ったのだ。

 13年から5歳年下の御曹司との遠距離交際が報じられていた有働だが、昨年10月「もう1回、人を愛してみたい」と意味深な発言をしていたため、失恋したのではと噂されていたが「今は愛犬と一緒に幸せに暮らしていければそれでいい」と、自身の口から切ない身の上を明かしたのだ。

 有働といえば、2000年秋、横浜ベイスターズ(当時)の石井琢朗宅に通う“サングラスに巻き髪ロングカツラ”の変装が写真週刊誌に載るなど、仕事も恋もフルスイングの「肉食系」で通っていただけに、ネット上では「隠居か?」とまで。枯れ切ったコメントについて“視え過ぎるスピリチュアル芸人”パシンペロンはやぶさ氏がこう分析する。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    元立教大生に聞いた 「奨学金破産」で人生転落するまで

  2. 2

    “玉木宏ロス”の癒やしに 坂口健太郎だけが持つ3つの魅力

  3. 3

    米が次期戦闘機ゴリ押し 安倍政権は血税1400億円をドブに

  4. 4

    73歳会長と親密交際 華原朋美“天性の愛人”のジジ殺し秘術

  5. 5

    仲間由紀恵の病院通いも…周囲が案じる田中哲司の“悪い虫”

  6. 6

    結婚を前提に交際中…高畑充希を両親に紹介した坂口健太郎

  7. 7

    官邸が“裏口入学リスト”回収…不正合格事件が政界に波及か

  8. 8

    カジノ法案 胴元がカネ貸し「2カ月無利子」の危険なワナ

  9. 9

    広島・菊池、ソフトバンク柳田も…地方の大学生を見逃すな

  10. 10

    加計獣医学部 図書館に本のない大学の設置認可は前代未聞

もっと見る