日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

結婚断念を宣言 “国民的独身”になった有働由美子の今後

「(結婚への思いは)それもなくなりましたねぇ。なんかもうねぇ」と答えたのは、NHKアナウンサーの有働由美子(48)。48歳の誕生日の翌日、自宅マンションに戻ってきた有働を女性週刊誌が直撃。自身の結婚について、“もうそんな夢は持っていない”と語ったのだ。

 13年から5歳年下の御曹司との遠距離交際が報じられていた有働だが、昨年10月「もう1回、人を愛してみたい」と意味深な発言をしていたため、失恋したのではと噂されていたが「今は愛犬と一緒に幸せに暮らしていければそれでいい」と、自身の口から切ない身の上を明かしたのだ。

 有働といえば、2000年秋、横浜ベイスターズ(当時)の石井琢朗宅に通う“サングラスに巻き髪ロングカツラ”の変装が写真週刊誌に載るなど、仕事も恋もフルスイングの「肉食系」で通っていただけに、ネット上では「隠居か?」とまで。枯れ切ったコメントについて“視え過ぎるスピリチュアル芸人”パシンペロンはやぶさ氏がこう分析する。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事