黒田福美が語る伊丹十三監督 伝説の“生卵口移し”秘話も

公開日: 更新日:

 桐朋学園大演劇科を卒業後、OLを経て、女優の道に進んだ黒田福美さん(60)。不遇な日々が続いていたが、転機は1985年の大河ドラマ「春の波涛」で故・伊丹十三氏と出会ったことだった。

 ◇  ◇  ◇

 あの日のことは今も忘れないですね。84年の夏も終わりの頃、NHK放送センターのリハーサル室で翌年の大河「春の波涛」の出演者の顔合わせがありました。

 日本初の女優・川上貞奴を縦糸に明治を駆け抜けた政財界のお歴々の生きざまを描いた群像ドラマで、貞役が松坂慶子さん、夫の川上音二郎役が中村雅俊さん、福沢諭吉に小林桂樹さん……。さすが大河! と言えるそうそうたる俳優、女優が居並ぶ中、私はといえば、その他大勢の芸妓役でした。

 その時、ロの字に並べられたテーブルの私の真正面に座られたのが伊藤博文役の伊丹十三さんです。顔合わせとはいえ、みんな役柄に合わせた衣装を着ていて、伊丹さんは明治の元勲らしいりりしい背広姿。堂々として控室から会場にお越しになられた時点で輝きが違っていました。“オーラ”とか通り一遍の表現では言い表せない神々しさと圧倒的な存在感。私には別格の俳優に映り、感動に打ち震えたほどでした。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    コスパ最高…フワちゃんの独走でおバカタレント“廃業危機”

  2. 2

    “組織委に中止計画”発言裏で電通専務と菅氏がステーキ会食

  3. 3

    ピーチマスク拒否男が49歳鼻出しマスク受験生に同情の噴飯

  4. 4

    変異種感染力70%増で「致死率14倍」…2~3カ月後に主流化

  5. 5

    第3戦の朝、原監督は顔を合わすなり「一塁は誰がいい?」

  6. 6

    爆笑田中が深夜の救急搬送 コロナ→脳梗塞でダウンの波紋

  7. 7

    “志村組”近藤春菜の「スッキリ」降板はいずれにせよ正解!

  8. 8

    バカな大将、敵より怖い…政府は“壊れた蛇口”で破産国家に

  9. 9

    施政方針演説に疑問…コロナ収束より東京五輪開催が本音?

  10. 10

    コロナ禍で失業「食料品を1年間買わないことにしました」

もっと見る