みうらじゅんが語る いとうせいこうとの“不思議な関係”

公開日: 更新日:

 漫画家、文筆家、ミュージシャン、コレクター、サブカル評論家……。幅広い分野に肩書を持つみうらじゅんさん(59)。もっとも影響を受けたのが、小説家でマルチクリエーターのいとうせいこうさん(55)だ。

  ◇  ◇  ◇

 いとうせいこうさんと初めてお会いしたのは25年ぐらい前。CS放送のテレビ番組でご一緒したんですよ。お互いに名前は知っていたものの、サブカルチャー業界には業界特有の派閥みたいなのがありましてね。2人とも少し本流からは離れてたせいか、それまでは接点がなかったんです。

 でも、話をするとやってたこととか服装、髪の毛の長さは違うのに、笑いに関する感覚がすごく似てる。それで僕からデートのお誘いをしまして、1週間ぐらい後に代々木にあった僕の事務所に来ていただいたんです。じっくりと話したら感じた通り。京都生まれの元関西人で魂を売って東京に来た自称“関西ユダ”の僕なのに、もともと東京生まれのいとうさんと、根底の笑いのセンスに共通するものがあったんです。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台風19号で断水 町の自衛隊給水支援に神奈川県が“待った”

  2. 2

    逆流下水は糞尿混じり…武蔵小杉タワマン台風19号被害ルポ

  3. 3

    金丸信吾氏「拉致問題解決は国交正常化こそが一番の近道」

  4. 4

    大一番でスタメンの福岡堅樹にスコットランドは面食らった

  5. 5

    パCSファイナルで激突 西武とソフトBはFA戦線でも暗闘

  6. 6

    巨人にやっと1勝…阪神には落合博満のような“劇薬”が必要

  7. 7

    複数球団が熱視線 ソフトB福田がオフFA最大の目玉は本当か

  8. 8

    坂本の腰痛不安で続く遊撃探し 巨人“外れドラ1”候補の名前

  9. 9

    予算委で露呈 想像を超えるオンポロ内閣、チンピラ答弁

  10. 10

    セは来季も巨人の独り勝ち濃厚 ライバル5球団に好材料なし

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る