駆け出しの「ナイツ」を見守った 三遊亭小遊三の懐の深さ

公開日:  更新日:

 実力派コンビ「ナイツ」の塙宣之(38)と土屋伸之(37)のふたりがお世話になってきた師匠は「笑点」でおなじみの落語家・三遊亭小遊三(69)だ。

  ◇  ◇  ◇

塙 2002年に漫才協会に入って内海桂子師匠の一門になり、5年後の07年に落語芸術協会にも入った。いっぱい寄席に出たかったから。

土屋 運営してる寄席が違うんです。漫才協会は当時、浅草の東洋館で月に10日間だけやって、落語芸術協会は浅草、新宿、池袋で落語家さんの寄席を一年中やっていた。だから、漫才協会として浅草に出ながら、落語芸術協会では“色もの”として出られた。

塙 それで小遊三師匠の一門に入ったんです。師匠を紹介してくれたのは事務所(マセキ芸能社)の社長(現・会長)。僕ら全然、テレビに出てない若手だったのに、師匠は初めての漫才師の弟子としてとってくれた。最初は協会所属の落語家さんの名前を覚えるのが大変で。みんな似たような名前じゃないですか(笑い)。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    熱愛ゼロの草食ぶり…新垣結衣は私生活でも獣になれない?

  2. 2

    肺病の赤ん坊に客が1stクラスを 母親の感謝投稿に圧倒共感

  3. 3

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  4. 4

    “質問無視”連発の河野外相 政治資金で「外食三昧」の日々

  5. 5

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  6. 6

    セクゾ松島もパニック障害…ジャニーズで病欠が相次ぐワケ

  7. 7

    実力は和牛でも…霜降り明星「M-1優勝」のメンタルを分析

  8. 8

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

  9. 9

    市場に流れる日産「上場廃止」説 “積極退場”の仰天情報も

  10. 10

    キスシーンが不評 “独身貴族”佐々木蔵之介のイタい私生活

もっと見る