• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

平愛梨が弟・慶翔への祝福ツイートを“即削除”した裏事情

 2日に投開票が行われた都議選。板橋区から「都民ファーストの会」の候補として立候補したのが女優の平愛梨(32)の弟・平慶翔氏(29)で、早々と初当選を決めた。

 愛梨は結果を受け、自身のツイッターを更新。「弟の慶翔にたくさんの声援下さった方々!! 本当に、本当にありがとうございました。皆様のお声に大変励まされました。我が家一同!! 皆様に感謝致します」と感謝の意。ところが、ほどなくして、この書き込みは削除されてしまった。

「このツイートに対して批判的な声が殺到し、たちまち大炎上。愛梨の事務所はSPEEDの今井絵理子(33)が参議院議員になってからも一切議員活動にタッチしていないため、事務所幹部が晴れて政治家になった弟に絡むのを良しとせず、書き込みを削除させたようです」(芸能プロ関係者)

 愛梨といえば6月24日、都内のホテルで夫でサッカー日本代表の長友佑都(30)と豪華披露宴を行い、慶翔氏の関係で小池知事も出席。祝辞を述べていたが、その後、状況が一変。「週刊文春」が都議選の際に自民党都連会長だった下村博文氏(63)の加計学園裏献金疑惑を報道。その際、報道を否定した下村氏から、事務所の内部文書を流出させた人物として元秘書の慶翔氏が疑われ「選挙妨害」とまで言われてしまったからだ。

「今後、大量当選した『都ファ』の都議たちに対する他党やメディアの“身体検査”が実施されることになる。姉が有名人の慶翔氏は真っ先にターゲットになる」(永田町関係者)

 姉は見守るしかないようだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    もし破局したら…“恋愛露出狂”剛力&前澤社長の未来予想図

  2. 2

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  3. 3

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  4. 4

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  5. 5

    ガッツポーズ禁止と熱中症“美談化”…球児を潰すご都合主義

  6. 6

    剛力彩芽へ助言…私生活をSNSにアップする女優は伸びない

  7. 7

    剛力は助言無視で再炎上…救えるのはバナナマン日村だけか

  8. 8

    安倍首相が異例の神社参拝3連発 総裁選に不安で“神頼み”

  9. 9

    まるで炎上商法 “超人ショー”と化した24時間TVの存在価値

  10. 10

    恋愛に厳しいはずが…剛力彩芽を“黙認”するオスカーの打算

もっと見る