「このハゲーー!」騒動に“パワハラ女性芸能人”戦々恐々

公開日:

「このハゲーー!」と絶叫しながら元政策秘書に暴行をはたらいた元自民党の豊田真由子衆院議員。部下への暴言や暴行だけでなく、支援者の名刺を「これ、カネにならないピョーン」と、かるたのように扱っていたことなど、新事実が次々に明らかになり、騒動は拡大の一途だ。

 ワイドショーでは連日、長時間にわって豊田の暴言音声を流していて、視聴率もいいという。

 元秘書が、決死の覚悟で暴言を録音したことで事態が発覚したわけだが、イメージが大切な芸能人たちは戦々恐々としているのではないか。有名人となり周りからチヤホヤされ、カン違いし、マネジャーやテレビ局のスタッフを罵倒したり、いびったりする話はアチコチで聞く。

「女性でも、たちの悪い芸能人は多い。有名なのは大物タレントKです。待ち合わせ場所をわざと間違えて、マネジャーにイチャモンをつけたり、スタッフをだまして下剤を飲ませ、腹を痛がる様子を見て楽しんだり……。大物女優Mも過去に、その横暴ぶりをマネジャーに告発されています。大物アーティストHは“女王様”気取りで、周囲からどんどん人がいなくなっているといいます」(業界関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    妻のがん治療のため売却した愛車が…17年後の家族愛の物語

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    妊娠を“計画”発表…前田敦子「デキ婚」かたくな否定のウラ

  10. 10

    樹木希林さんも別居婚 民法上の気になること弁護士に聞く

もっと見る