「このハゲーー!」騒動に“パワハラ女性芸能人”戦々恐々

公開日: 更新日:

「このハゲーー!」と絶叫しながら元政策秘書に暴行をはたらいた元自民党の豊田真由子衆院議員。部下への暴言や暴行だけでなく、支援者の名刺を「これ、カネにならないピョーン」と、かるたのように扱っていたことなど、新事実が次々に明らかになり、騒動は拡大の一途だ。

 ワイドショーでは連日、長時間にわって豊田の暴言音声を流していて、視聴率もいいという。

 元秘書が、決死の覚悟で暴言を録音したことで事態が発覚したわけだが、イメージが大切な芸能人たちは戦々恐々としているのではないか。有名人となり周りからチヤホヤされ、カン違いし、マネジャーやテレビ局のスタッフを罵倒したり、いびったりする話はアチコチで聞く。

「女性でも、たちの悪い芸能人は多い。有名なのは大物タレントKです。待ち合わせ場所をわざと間違えて、マネジャーにイチャモンをつけたり、スタッフをだまして下剤を飲ませ、腹を痛がる様子を見て楽しんだり……。大物女優Mも過去に、その横暴ぶりをマネジャーに告発されています。大物アーティストHは“女王様”気取りで、周囲からどんどん人がいなくなっているといいます」(業界関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    田原俊彦が干された真相…「BIG発言」だけではなかった

  2. 2

    土屋太鳳&山崎賢人まさかの4度目共演…焼けぼっくいに火?

  3. 3

    劣化が止まらない日本 安倍政権6年半の「なれの果て」

  4. 4

    夜の六本木から小栗旬グループが消えた…“なるほど”な理由は

  5. 5

    TOKIO城島の結婚を阻む ジャニーズの「リーダー暗黙の掟」

  6. 6

    ミスコン女王にも冷ややかな目…土屋炎伽を待つ不穏な未来

  7. 7

    専門家が指摘「再び東京湾台風が上陸する」地震のリスクも

  8. 8

    囁かれる山Pの二の舞…脱退&退所の錦戸亮に明日はあるか

  9. 9

    浜崎あゆみと交際7年 なぜ「M」にTOKIO長瀬智也は登場せず

  10. 10

    令和の大女優候補 清野菜名の超ストイックな女子会ライフ

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る