「このハゲーー!」騒動に“パワハラ女性芸能人”戦々恐々

公開日:

「このハゲーー!」と絶叫しながら元政策秘書に暴行をはたらいた元自民党の豊田真由子衆院議員。部下への暴言や暴行だけでなく、支援者の名刺を「これ、カネにならないピョーン」と、かるたのように扱っていたことなど、新事実が次々に明らかになり、騒動は拡大の一途だ。

 ワイドショーでは連日、長時間にわって豊田の暴言音声を流していて、視聴率もいいという。

 元秘書が、決死の覚悟で暴言を録音したことで事態が発覚したわけだが、イメージが大切な芸能人たちは戦々恐々としているのではないか。有名人となり周りからチヤホヤされ、カン違いし、マネジャーやテレビ局のスタッフを罵倒したり、いびったりする話はアチコチで聞く。

「女性でも、たちの悪い芸能人は多い。有名なのは大物タレントKです。待ち合わせ場所をわざと間違えて、マネジャーにイチャモンをつけたり、スタッフをだまして下剤を飲ませ、腹を痛がる様子を見て楽しんだり……。大物女優Mも過去に、その横暴ぶりをマネジャーに告発されています。大物アーティストHは“女王様”気取りで、周囲からどんどん人がいなくなっているといいます」(業界関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    伊集院静氏が指摘 今の65歳から80歳が日本をダメにした

  2. 2

    小橋健太さんが明かす 先輩レスラーたちの凄まじい飲み方

  3. 3

    フジ月9「SUITS」 視聴率“2ケタ死守”ほぼ確定も残る不安

  4. 4

    月9「SUITS」で高評価 鈴木保奈美の豪華衣装と着こなし方

  5. 5

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  6. 6

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  7. 7

    中日から強奪は“吉”か 虎入り確実ガルシアに3つの懸念材料

  8. 8

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  9. 9

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  10. 10

    銀シャリ鰻和弘が語る 父の借金で取り立て続いた少年時代

もっと見る