桂あやめさん 西川死刑囚に襲われた衝撃体験を振り返る

公開日: 更新日:

「金、あるか」と聞かれたので「引き出しに入ってます」と引き出しから現金が入った封筒を差し出した。男は金を手にしてほっとした様子で話し始めた。

 自分は人を殺したと。

「捕まるくらいなら死のうと思ってる」と言うのを、「死んだらあかん。生きていたらええことありますから」と止めた。自暴自棄になってまた首を絞められたらたまらないので必死だ。男が「あんた、ええ人やなあ」と言ったのでほっとした。

■男は「スナックママ連続殺人事件」の犯人だった

 九死に一生を得た花枝はようやく犯人に解放された。花枝を襲った犯人は、「警察に電話するなら10分たってからにしてくれ」と言って部屋を出ていった。

「アパートの階段を下りる音がしたので、すぐドアの鍵をかけたとたん、全身の力が抜けて動けませんでした。放心状態で体の震えが止まらず、警察に電話したのはしばらくたってからです。警察官が駆け付け、電話機の指紋を調べたら正体が分かった」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    日産の“暴君”と対決した元広報マンはゴーン事件をどう見る

  2. 2

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  3. 3

    元カノ小川アナは結婚…櫻井翔“クソ甘えん坊”の険しい前途

  4. 4

    上沼恵美子が試される…フジテレビの“実験”は吉と出るか

  5. 5

    元スピードスケート五輪銅 山中宏美さんは銭湯でヨガ講師

  6. 6

    野茂英雄氏と借金トラブル 元1億円投手の佐野慈紀さんは今

  7. 7

    遠のく錦織GS制覇…稚拙なチームとマネジメントに疑問の声

  8. 8

    また怪統計か 2018年「貯蓄ゼロ世帯」大幅改善のカラクリ

  9. 9

    一体何が…大坂なおみ“心の支柱”サーシャ氏と決別の衝撃

  10. 10

    深まる亀裂…対韓「経済制裁」強行で偽装アベノミクス自爆

もっと見る