中居残留と立場逆転 キムタクに飛び交う“独立情報”の真相

公開日: 更新日:

「次はキムタクの番だ」

 いまテレビ界ではこんな声が飛び交っているという。にわかに信じ難いのだが、元SMAPの木村拓哉(44)が近いうちにジャニーズ事務所から独立するという話が浮上している。

 昨年の解散以降、その去就が注目されていた元SMAPメンバーだが、結局、ジャニーズからの独立を選択したのは稲垣吾郎(43)、草彅剛(42)、香取慎吾(40)の3人のみ。大きな番狂わせとなったのが中居正広(44)の残留だった。だが、この中居の選択が最終的にキムタクを追い込むことになるという。

「そもそもキムタクがジャニーズ事務所の幹部に重用されるきっかけとなったのが、SMAP解散&独立騒動での立ち居振る舞いだった。メンバーの中で誰よりも早く残留を表明したことで、ジャニーズ幹部の座を手にしたといわれていたんです。ところが、今回、中居が残留したことでキムタクの立場が微妙なものになってしまった。今や中居の立場は、キムタクの立場と同等、いや、それ以上です。キムタクにとってはまさに想定外のことでした」(芸能プロ幹部)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    柔道金メダリスト内柴正人さん 第2の人生は“銭湯のオヤジ”

  2. 2

    三浦春馬さん“遺書”に記された孤独と苦心惨憺…鬱状態にも

  3. 3

    三浦春馬さんに金銭を無心か…「母親の過去」と死の動機

  4. 4

    三浦春馬「14年ギャラクシー賞」贈賞式ドタキャンの不可解

  5. 5

    東出昌大は離婚で“焼け太り” 映画出演での快進撃が始まる

  6. 6

    和歌山県 仁坂吉伸知事に聞く「和歌山モデル」の全貌

  7. 7

    裏金作りにキャバクラ接待 鹿島建設は“組”時代と変わらぬ

  8. 8

    三浦春馬さん“前兆なき死”の謎…直前に何か物凄いことが?

  9. 9

    都会に住むとわからない…地方の“新型コロナ差別”の実態

  10. 10

    長谷川博己も沈黙…撮影再開「麒麟がくる」はまるで“通夜”

もっと見る