江原啓之も困惑 松居一代の鈴緒に住民恨み節「運下がる」

公開日:

 松居一代(60)騒動は神様にまで飛び火している。船越英一郎(56)と松居が奉納した神社の鈴緒問題である。縄を手で持つ部分の六角桐枠には夫婦の名前が彫られており、氏子や近隣住民から「縁起悪い」と騒がれているのだ。

 神社側は“神様への奉納なので縁起が悪いということはない。神様は差別しないので”との回答だが……。

「あの鈴緒は触りませんよ。振ったら運が下がりそうだから。最近はあの鈴緒だけ並ばなくなりました。マスコミを引き連れて神社に来たあたりから迷惑に感じていましたが、鎮守様として昔からお参りしている身としては心外です」(近所の住人)。代々住んでいる邸宅街を新参者に引っかき回され、地元住民は憤慨しているのだ。

 松居が奉納した北沢八幡神社は室町中期に勧請された由緒正しい神社で、スピリチュアリストの江原啓之氏(52)が神職に就いていたこともあり、パワースポットとして有名。夏の例大祭には毎年シーナ&ザ・ロケッツの鮎川誠(69)とシーナ(享年61)と娘でモデルの鮎川陽子(40)らが30年以上にわたり家族で参拝に来るほほ笑ましい姿もあった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  2. 2

    30歳でNHK朝ドラ主演 戸田恵梨香ついに“後輩”に追いついた

  3. 3

    ソフトバンクを襲った“3重苦” 上場延期説が市場を駆け巡る

  4. 4

    実力は和牛でも…霜降り明星「M-1優勝」のメンタルを分析

  5. 5

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  6. 6

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  7. 7

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  8. 8

    FA浅村に続き西も ソフトB「連敗」の裏に細かすぎる査定

  9. 9

    市場が警戒する「危ない21社」 GC注記は半年前から2社増

  10. 10

    則本、美馬、銀次…FA浅村獲得も楽天に迫る“流出ラッシュ”

もっと見る