• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

江原啓之も困惑 松居一代の鈴緒に住民恨み節「運下がる」

 松居一代(60)騒動は神様にまで飛び火している。船越英一郎(56)と松居が奉納した神社の鈴緒問題である。縄を手で持つ部分の六角桐枠には夫婦の名前が彫られており、氏子や近隣住民から「縁起悪い」と騒がれているのだ。

 神社側は“神様への奉納なので縁起が悪いということはない。神様は差別しないので”との回答だが……。

「あの鈴緒は触りませんよ。振ったら運が下がりそうだから。最近はあの鈴緒だけ並ばなくなりました。マスコミを引き連れて神社に来たあたりから迷惑に感じていましたが、鎮守様として昔からお参りしている身としては心外です」(近所の住人)。代々住んでいる邸宅街を新参者に引っかき回され、地元住民は憤慨しているのだ。

 松居が奉納した北沢八幡神社は室町中期に勧請された由緒正しい神社で、スピリチュアリストの江原啓之氏(52)が神職に就いていたこともあり、パワースポットとして有名。夏の例大祭には毎年シーナ&ザ・ロケッツの鮎川誠(69)とシーナ(享年61)と娘でモデルの鮎川陽子(40)らが30年以上にわたり家族で参拝に来るほほ笑ましい姿もあった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    県警・消防は380人動員 なぜ理稀ちゃんを発見できなかった

  2. 2

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  3. 3

    もし破局したら…“恋愛露出狂”剛力&前澤社長の未来予想図

  4. 4

    まるで大使館…剛力彩芽&前澤社長の“100億円豪邸”を発見

  5. 5

    総裁選で論戦拒否…安倍首相が打って出た「逃げ恥」作戦

  6. 6

    ドラ1候補社会人も“直メジャー”…日本球界はなぜ嫌われる

  7. 7

    まるで炎上商法 “超人ショー”と化した24時間TVの存在価値

  8. 8

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  9. 9

    国連が原発作業員の被ばく危惧も…安倍政権またもガン無視

  10. 10

    巨人・重信の台頭で…“FAの目玉”広島・丸の獲得に影響も

もっと見る