松居一代の暴走は依存心 キレる女の許しを得る単純な方法

公開日: 更新日:

 いくらなんでもやり過ぎだろう――。

 アキれた声も聞こえてくるのが、夫・船越英一郎(56)との離婚騒動を巡る妻・松居一代(60)の“口撃”だ。非は船越にあるのだろうが、ユーチューブやブログなどにアップした罵詈雑言の数々はマンガ並み。見かねたブログの運営会社も閉鎖を検討しているという。

 異常とも思えるキレっぷりは、どういうことなのか。男女問題研究家の山崎世美子氏が言う。

「性格的にキレやすい人と、普段はそうでなくてもキッカケ次第でキレる人がいます。後者は依存傾向が強く、キレたときの“爆発力”はこちらが上です。松居さんにも、依存心があったのかもしれません」

 女性が男性に依存していても、関係が良好なら愛情表現になる。おしどり夫婦として評判だったころ、松居は船越への愛情表現を絶やさなかった。松居にとっては2度目の結婚で、義父の猛反対を押し切ってのゴールと伝えられているだけに、多少の依存心があったとしても不思議ないか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ビートたけし“本妻vs愛人”100億円離婚劇ドロ沼決着のウラ

  2. 2

    トランプ親書を尻に?安倍首相の外交力を海外メディア酷評

  3. 3

    5%割れなら…NHKが密かに画策「いだてん」終了プラン

  4. 4

    韓国芸能界は騒然…YGヤン会長辞任の波紋と日本への影響

  5. 5

    自民が陥った参院選目前の“三重苦” 1人区に逆風で状況一変

  6. 6

    生保調査で分かった 60歳2000人貯蓄の内実と迫る消費不況

  7. 7

    “仰天婚”山里と“闇営業解雇”入江 吉本芸人の明暗クッキリ

  8. 8

    宮迫「アメトーク!」優良スポンサーCM消滅危機で崖っぷち

  9. 9

    「いだてん」はオワコン NHK早くも「麒麟が来る」必勝態勢

  10. 10

    娘の命を助けてくれたから…母親が恩人に“返した”ものとは

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る