週刊誌“代理戦争”勃発で見えてきた松居一代の本当の狙い

公開日: 更新日:

 松居一代(60)と、その夫で俳優の船越英一郎(56)の泥沼離婚劇は、ようやくその全容が見えてきた。

 まずSNSの動画による松居の前代未聞の船越攻撃。今月4日からはじめ、2週間を過ぎた今も毎日のように更新している「命懸けの戦い」は、ビジネスとしても成立しているというのだ。20日発売の「女性セブン」は、IT企業幹部の話として、松居のブログはページビュー(閲覧数)や更新回数に応じて報酬が入ってくるものであると指摘。そのページビューはこれまで最高の市川海老蔵を抜くこともあり、月5000万円を超える可能性もあると報じている。

 今回のSNS攻撃は、松居がネタを持ち込んだ週刊文春とのいざこざが直接の発端とされるが、女性セブンによると、それ以前に松居は2度にわたる自殺騒動を演じた上で、船越に1億円もの金銭要求をしたが、それが成し遂げられなかったことが原点であると指摘。自殺騒動で「死ぬ」などと松居が自筆で書いたとする「遺書」9枚を掲載している。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    事故現場の路上で開胸手術!心停止を救った医師に称賛の声

  2. 2

    自民が陥った参院選目前の“三重苦” 1人区に逆風で状況一変

  3. 3

    安倍首相は真っ青「年金返せデモ」でよぎる“12年前の大敗”

  4. 4

    全米爆笑!バスに乗り遅れ学校サボった男の子の“弁明書”

  5. 5

    「ドトールのコーヒーはスタバよりも安い」は本当か?

  6. 6

    安倍政権が露骨スリ寄り 吉本興業と“ズブズブ”三文芝居

  7. 7

    「集団左遷!!」福山雅治さんに心配してもらった大人の部活

  8. 8

    巨人・小林「銀さんに全部負け」直撃取材に“弱気発言”連発

  9. 9

    低迷する「いきなり!ステーキ」 V字回復への起死回生策は

  10. 10

    「いきなり!ステーキ」米国上場廃止 NYでなぜ総スカン?

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る