日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

週刊誌“代理戦争”勃発で見えてきた松居一代の本当の狙い

 松居一代(60)と、その夫で俳優の船越英一郎(56)の泥沼離婚劇は、ようやくその全容が見えてきた。

 まずSNSの動画による松居の前代未聞の船越攻撃。今月4日からはじめ、2週間を過ぎた今も毎日のように更新している「命懸けの戦い」は、ビジネスとしても成立しているというのだ。20日発売の「女性セブン」は、IT企業幹部の話として、松居のブログはページビュー(閲覧数)や更新回数に応じて報酬が入ってくるものであると指摘。そのページビューはこれまで最高の市川海老蔵を抜くこともあり、月5000万円を超える可能性もあると報じている。

 今回のSNS攻撃は、松居がネタを持ち込んだ週刊文春とのいざこざが直接の発端とされるが、女性セブンによると、それ以前に松居は2度にわたる自殺騒動を演じた上で、船越に1億円もの金銭要求をしたが、それが成し遂げられなかったことが原点であると指摘。自殺騒動で「死ぬ」などと松居が自筆で書いたとする「遺書」9枚を掲載している。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事