宮迫は松本ファミリー お笑い界“夜遊び軍団”とテクニック

公開日:

 お笑いコンビ「雨上がり決死隊」の宮迫博之(47)の不倫騒動が妙な展開を見せている。先週末のフジテレビ系「バイキング」で宮迫が「もしかしたらできるかもと魔が差しまくったけど、『このご時世にだめ』と断られて、ふて寝したのが3回続いた。一線は越えてません」と釈明すれば、宮迫と高級ホテルに宿泊したとされるモデルの小山ひかる(26)がツイッターで「誤解を招くようなことがあり、ご迷惑とご心配をおかけして本当に申し訳ありません」と謝罪。

 こうして騒動に幕引きを図ったところ、「ダウンタウン」の松本人志(53)がフジテレビ系「ワイドナショー」で、「2人の女性と3泊してるわけですよね。宮迫ですよね。ボケでもなんでもなく、8回やってますね」とバッサリ。宮迫は妻とのやりとりを涙ながらに語っていたが、「完全に演技です。宮迫節、炸裂ですよ」と言い切ったのだ。騒動を笑いのネタにして、不倫に対する世間の批判をけむに巻こうというのか。民放でお笑い番組を手掛ける某放送作家が言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ロシア専門家が警鐘「北方領土問題進展は日本側の幻想」

  2. 2

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

  3. 3

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  4. 4

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  5. 5

    FA丸を筆頭に総額50億円大補強…巨人最大の問題はリリーフ

  6. 6

    清原の二の舞か…“Vの使者”丸を待つ巨人移籍1年目の大重圧

  7. 7

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  8. 8

    魔性の女が復活…「あな渡」は“荻野目慶子劇場”と化した

  9. 9

    ソフトバンクを襲った“3重苦” 上場延期説が市場を駆け巡る

  10. 10

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

もっと見る