宮迫博之に不倫報道 続くは夜遊び一派の“本丸”松本人志?

公開日: 更新日:

 今度は売れっ子ベテランお笑い芸人の不倫疑惑報道だ。俎上に載せられたのは、「雨上がり決死隊」の宮迫博之(47)。発売中の週刊文春が、2人の年下美女を相手に“かけもち逢瀬”に励んでいると報じたのである。

 なんでも、7月の2週目と3週目の金曜日に連チャンで京都出身のモデル・小山ひかる(26)を相手に、都心の高級ホテルに時間差で入室し、宿泊。数日後にも同じホテルでこれまた同様の“手口”でホテルの地下駐車場から部屋に向かったというのだが、この日は竹内結子似の美容系ライターのアラサー女性とともに一夜を過ごしたというのだ。後日、同誌に直撃された宮迫は、いずれの相手とも不倫関係を否定。「宮迫です!」の決めポーズで「ゴ・カ・イです!」とケムに巻き、最後には「お手柔らかにお願いします」と一礼したという。

 今回の報道を受け、所属事務所の吉本興業は「会見等を開く予定はない」(担当者)と静観の構え。5年前に初期の胃がんを患った病床の宮迫を支えた妻に対する裏切り行為だといった世間の声も聞こえてくるが、思えば「前科」のある色男だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    引退も覚悟? 小倉優香ラジオ降板テロの裏に年収1億円彼氏

  2. 2

    軽率さ変わらぬ石田純一 東尾理子に見放され離婚へ一直線

  3. 3

    昭恵夫人 居酒屋は小池号令厳守も“闇紳士”逮捕で疑惑再燃

  4. 4

    上沼恵美子「降板の全真相」現場は“辞めたる”を待っていた

  5. 5

    台紙の上部には見えないのに下部にだけ広がる「斜線」の謎

  6. 6

    これはやりすぎ…夫の浮気現場でCA妻が取った驚きの行動

  7. 7

    夫の定年後に妻の外出が増加 交際費と被服費が家計を圧迫

  8. 8

    海老蔵「ひどくないですか」コロナ補償直訴で松竹と確執か

  9. 9

    吉村知事の危うい“人体実験” うがい薬騒動に専門家も警鐘

  10. 10

    あの落合でも叶わず…プロ野球初「4割打者」は誕生するか

もっと見る