• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

田中聖の逮捕で戦々恐々…ジャニーズ「港区」夜遊び事情

 人気アイドルグループ「KAT―TUN」の元メンバー、田中聖(31)が大麻取締法違反の疑いで現行犯逮捕され、芸能界に衝撃が走っている。田中は自分のものではないと言い張っているそうだが、弁護士法人・響の徳原聖雨弁護士はこういう。

「田中被疑者自身の認識のもと、大麻を所持していたと証明できるだけの証拠があれば有罪となるでしょう。一般的に大麻の所持の量刑は懲役6カ月、執行猶予3年です。仮に有罪となるだけの証拠がそろっているにもかかわらず、田中被疑者がこのまま否認し続けていたとなれば、懲役1年、執行猶予3年と重めの判決となる可能性があります」

 全身にタトゥーを入れたり、ベッド写真が流出するなど度重なる素行不良でジャニーズ事務所をクビになって4年。その田中の逮捕に戦々恐々なのはジャニーズ事務所所属の“遊び仲間”だろう。田中はひところ、西麻布で自身がオーナーのバーを経営しており、その店は“たまり場”のひとつとして知られていた。また、他にも六本木など港区界隈でジャニーズのタレントが夜ごと乱痴気騒ぎを繰り返し、女性や酔客とトラブルになった事案は何度も明るみになっている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    もし破局したら…“恋愛露出狂”剛力&前澤社長の未来予想図

  2. 2

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  3. 3

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  4. 4

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  5. 5

    ガッツポーズ禁止と熱中症“美談化”…球児を潰すご都合主義

  6. 6

    カネと欲望がうごめく甲子園 ネット裏“怪情報”<上>

  7. 7

    剛力彩芽へ助言…私生活をSNSにアップする女優は伸びない

  8. 8

    まるで炎上商法 “超人ショー”と化した24時間TVの存在価値

  9. 9

    安倍首相が異例の神社参拝3連発 総裁選に不安で“神頼み”

  10. 10

    剛力は助言無視で再炎上…救えるのはバナナマン日村だけか

もっと見る