キャバ嬢困惑 六本木でも抜けない中野英雄の体育会系気質

公開日:

 俳優の中野英雄(52)について、六本木の某キャバクラ店スタッフがこんなエピソードを明かす。

「白竜さんや小沢仁志さん、寺島進さんらは常連さまになっていただいており、いつもたくさんのVシネマで活躍する俳優さんとともにご来店いただいています。皆さん一見コワモテですが、うちのホステスたちもVシネマまでは見ないものの、みんな優しい普通の芸能人という認識で接しているので、楽しく飲んでもらっています。ただ、たまに大御所の皆さんからすると、後輩にあたる中野英雄さんが店にいると空気が変わってしまうんです」

 聞けば、中野は先輩俳優を兄貴と呼び、返事は「はい!」のみ。少しでもホステスに失礼があると「おまえ、兄貴たちの前でその態度は何なんだ?」と凄むのだとか。

「中野さんが大ブレークしたドラマ『愛という名のもとに』からもう25年。平成生まれの若いホステスたちが中野さんを知らないのも仕方がありません。しかも、店で自分の話を全然してくれないので、中野さんが俳優であることすら知らず、本物のそっち系の人なのではと恐れられています」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  2. 2

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  3. 3

    警察が運営阻止? 6代目山口組・高山若頭に早くも再逮捕説

  4. 4

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  5. 5

    30歳適齢期は昔話 石原さとみ&深田恭子が結婚しないワケ

  6. 6

    したたか仏政府 ルノーとの経営統合要求で日産“強奪”狙い

  7. 7

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  8. 8

    持ち家派も…定年後は限りなく“住居費負担ゼロ”を目指す

  9. 9

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  10. 10

    やっぱり賃金は下がっている 虚飾の政権で沈む日本経済

もっと見る