キャバ嬢困惑 六本木でも抜けない中野英雄の体育会系気質

公開日:

 俳優の中野英雄(52)について、六本木の某キャバクラ店スタッフがこんなエピソードを明かす。

「白竜さんや小沢仁志さん、寺島進さんらは常連さまになっていただいており、いつもたくさんのVシネマで活躍する俳優さんとともにご来店いただいています。皆さん一見コワモテですが、うちのホステスたちもVシネマまでは見ないものの、みんな優しい普通の芸能人という認識で接しているので、楽しく飲んでもらっています。ただ、たまに大御所の皆さんからすると、後輩にあたる中野英雄さんが店にいると空気が変わってしまうんです」

 聞けば、中野は先輩俳優を兄貴と呼び、返事は「はい!」のみ。少しでもホステスに失礼があると「おまえ、兄貴たちの前でその態度は何なんだ?」と凄むのだとか。

「中野さんが大ブレークしたドラマ『愛という名のもとに』からもう25年。平成生まれの若いホステスたちが中野さんを知らないのも仕方がありません。しかも、店で自分の話を全然してくれないので、中野さんが俳優であることすら知らず、本物のそっち系の人なのではと恐れられています」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  3. 3

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

  4. 4

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  5. 5

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  6. 6

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  7. 7

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  8. 8

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  9. 9

    東電に8兆円超も税金投入…政府や電力会社がおかしい!

  10. 10

    平成最後の紅白は迷走…“目玉なし”で視聴率最低の大ピンチ

もっと見る