日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

Vシネ帝王は昔の話 コワモテ竹内力がお笑いでウケる理由

 来月28日、日活が運営するCSチャンネル「映画・チャンネルNECO」で、初の冠番組「竹内力、始めました」をスタートさせる俳優の竹内力(52)。死ぬまでに一度はやっておきたいことなどに挑戦する30分の同チャンネルオリジナル番組で、初回は番組成功祈願を兼ね護摩修行にチャレンジ。放送スタートを記念し、これまでの出演作13作品を竹内の解説付きで放送する特集も企画されている。

 “ミナミの帝王”で知られる竹内だが、このところ新しい活動に積極的だ。昨年9月には「桜のように」で演歌歌手デビュー。親しい演歌歌手・山本譲二がプロデュースし、竹内は亡くなった親友を思う詞を書いた。作曲は吉幾三という豪華なメンツで、故・河島英五の「酒と泪と男と女」のような渋い歌に仕上げている。

 かと思えば、14年12月にはLINEスタンプを売り出し、好評を得てすでに第5弾までシリーズ化されている。竹内らしい男くさい絵柄もあるが、“赤ちゃん姿”の竹内がおもらししているようなオチャメな絵柄もあり、女性にもウケている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事