Vシネ帝王は昔の話 コワモテ竹内力がお笑いでウケる理由

公開日: 更新日:

 来月28日、日活が運営するCSチャンネル「映画・チャンネルNECO」で、初の冠番組「竹内力、始めました」をスタートさせる俳優の竹内力(52)。死ぬまでに一度はやっておきたいことなどに挑戦する30分の同チャンネルオリジナル番組で、初回は番組成功祈願を兼ね護摩修行にチャレンジ。放送スタートを記念し、これまでの出演作13作品を竹内の解説付きで放送する特集も企画されている。

 “ミナミの帝王”で知られる竹内だが、このところ新しい活動に積極的だ。昨年9月には「桜のように」で演歌歌手デビュー。親しい演歌歌手・山本譲二がプロデュースし、竹内は亡くなった親友を思う詞を書いた。作曲は吉幾三という豪華なメンツで、故・河島英五の「酒と泪と男と女」のような渋い歌に仕上げている。

 かと思えば、14年12月にはLINEスタンプを売り出し、好評を得てすでに第5弾までシリーズ化されている。竹内らしい男くさい絵柄もあるが、“赤ちゃん姿”の竹内がおもらししているようなオチャメな絵柄もあり、女性にもウケている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ナゾの男が骨董店で中古ピアノを演奏…話は意外な展開に!

  2. 2

    台紙の上部には見えないのに下部にだけ広がる「斜線」の謎

  3. 3

    米倉涼子は独立から半年 次回作が決まらない「2つの理由」

  4. 4

    抗議殺到!イソジン吉村と大阪モデルの化けの皮が剥がれる

  5. 5

    堀田茜と紫吹淳も離脱…オスカー崩壊の裏に恐怖の社内改革

  6. 6

    ドラマで描かれないシーン 古関裕而は無類の愛煙家だった

  7. 7

    11点差の負け試合に野手登板 G原采配「最善策」の違和感

  8. 8

    巨人の快進撃を支える「神走塁」 地味ながら凄い3人の正体

  9. 9

    半沢直樹を下支えする肝っ玉母 菅野美穂と上戸彩の共通点

  10. 10

    先の大戦と酷似 デマと精神論が蔓延するコロナ禍ニッポン

もっと見る