• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

松居一代劇場は“法廷編”へ 高級車所有もまさかの電車移動

 不敵な笑みを浮かべつつ、報道陣を引き連れて裁判所に向かうその姿はサスペンスドラマさながら。だが、大向こうから声を掛けるなら「役者やのう」(BY「嗚呼!!花の応援団」)という言葉が一番お似合いだ。

 女優の松居一代(60)と、夫で俳優の船越英一郎(57)の離婚調停が4日、東京家庭裁判所で開かれた。松居はこの日、世田谷区内の自宅から私鉄と地下鉄を乗り継いで霞が関へ。

 集まった報道陣に囲まれるも、船越を地獄の底に突き落とした“冗舌”はどこへやら。「ご苦労さまです」と一言のみで、約2時間の調停を終えても「お疲れさまでした」と調停については無言。そのまま、また切符を買って地下鉄に乗って自宅に帰って行ったのである。

 さしもの松居も離婚調停に際し神妙になっているかと思われたが、しかし、である。松居といえば先日、自身の還暦祝いに2000万円を超える高級車ベントレーをキャッシュで購入したばかり。他にもポルシェ、フィアットと高級車がずらりとガレージに並んでいるのだ。この日に限ってタクシーでもなく、電車移動とは松居流パフォーマンスと受け止められても仕方がないだろう。

 8月は大雨被害に遭った福岡・朝倉市でボランティア活動に励むなど芸能活動からは距離を置き、離婚調停に備えていた松居。船越よりよっぽど肝の据わった“役者”であることは確かだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    元立教大生に聞いた 「奨学金破産」で人生転落するまで

  2. 2

    “玉木宏ロス”の癒やしに 坂口健太郎だけが持つ3つの魅力

  3. 3

    73歳会長と親密交際 華原朋美“天性の愛人”のジジ殺し秘術

  4. 4

    米が次期戦闘機ゴリ押し 安倍政権は血税1400億円をドブに

  5. 5

    仲間由紀恵の病院通いも…周囲が案じる田中哲司の“悪い虫”

  6. 6

    官邸が“裏口入学リスト”回収…不正合格事件が政界に波及か

  7. 7

    結婚を前提に交際中…高畑充希を両親に紹介した坂口健太郎

  8. 8

    カジノ法案 胴元がカネ貸し「2カ月無利子」の危険なワナ

  9. 9

    今度は不倫愛…華原朋美の「だめんず遍歴」に透ける計算

  10. 10

    加計獣医学部 図書館に本のない大学の設置認可は前代未聞

もっと見る