松居一代劇場は“法廷編”へ 高級車所有もまさかの電車移動

公開日:

 不敵な笑みを浮かべつつ、報道陣を引き連れて裁判所に向かうその姿はサスペンスドラマさながら。だが、大向こうから声を掛けるなら「役者やのう」(BY「嗚呼!!花の応援団」)という言葉が一番お似合いだ。

 女優の松居一代(60)と、夫で俳優の船越英一郎(57)の離婚調停が4日、東京家庭裁判所で開かれた。松居はこの日、世田谷区内の自宅から私鉄と地下鉄を乗り継いで霞が関へ。

 集まった報道陣に囲まれるも、船越を地獄の底に突き落とした“冗舌”はどこへやら。「ご苦労さまです」と一言のみで、約2時間の調停を終えても「お疲れさまでした」と調停については無言。そのまま、また切符を買って地下鉄に乗って自宅に帰って行ったのである。

 さしもの松居も離婚調停に際し神妙になっているかと思われたが、しかし、である。松居といえば先日、自身の還暦祝いに2000万円を超える高級車ベントレーをキャッシュで購入したばかり。他にもポルシェ、フィアットと高級車がずらりとガレージに並んでいるのだ。この日に限ってタクシーでもなく、電車移動とは松居流パフォーマンスと受け止められても仕方がないだろう。

 8月は大雨被害に遭った福岡・朝倉市でボランティア活動に励むなど芸能活動からは距離を置き、離婚調停に備えていた松居。船越よりよっぽど肝の据わった“役者”であることは確かだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  2. 2

    巨人ナインに深刻“長野ロス”…超気配り男の逸話伝説も数々

  3. 3

    裏交渉も暴露され…ロシア人も哀れむ安倍政権“土下座”外交

  4. 4

    自公3分の2圧勝シナリオ 1.28通常国会“冒頭解散説”急浮上

  5. 5

    海老蔵は“秒読み”? 没イチ男性が死別再婚する時の注意点

  6. 6

    仏当局捜査“飛び火”か 五輪裏金疑惑で日本政界が戦々恐々

  7. 7

    経団連会長が転換 「原発どんどん再稼働」に飛び交う憶測

  8. 8

    また生え抜き看板…巨人“大チョンボ”長野流出の真相と波紋

  9. 9

    アニキが勧誘も…前広島・新井が「阪神コーチ」断っていた

  10. 10

    初登場G球場で“孤独トレ” 丸は巨人で「我」を貫けるのか

もっと見る