松居一代劇場は“法廷編”へ 高級車所有もまさかの電車移動

公開日:

 不敵な笑みを浮かべつつ、報道陣を引き連れて裁判所に向かうその姿はサスペンスドラマさながら。だが、大向こうから声を掛けるなら「役者やのう」(BY「嗚呼!!花の応援団」)という言葉が一番お似合いだ。

 女優の松居一代(60)と、夫で俳優の船越英一郎(57)の離婚調停が4日、東京家庭裁判所で開かれた。松居はこの日、世田谷区内の自宅から私鉄と地下鉄を乗り継いで霞が関へ。

 集まった報道陣に囲まれるも、船越を地獄の底に突き落とした“冗舌”はどこへやら。「ご苦労さまです」と一言のみで、約2時間の調停を終えても「お疲れさまでした」と調停については無言。そのまま、また切符を買って地下鉄に乗って自宅に帰って行ったのである。

 さしもの松居も離婚調停に際し神妙になっているかと思われたが、しかし、である。松居といえば先日、自身の還暦祝いに2000万円を超える高級車ベントレーをキャッシュで購入したばかり。他にもポルシェ、フィアットと高級車がずらりとガレージに並んでいるのだ。この日に限ってタクシーでもなく、電車移動とは松居流パフォーマンスと受け止められても仕方がないだろう。

 8月は大雨被害に遭った福岡・朝倉市でボランティア活動に励むなど芸能活動からは距離を置き、離婚調停に備えていた松居。船越よりよっぽど肝の据わった“役者”であることは確かだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    特番「細かすぎて伝わらない」木梨憲武&関根勤不在のワケ

  2. 2

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  3. 3

    北方領土2島先行返還を阻む日米安保「基地権密約」の壁

  4. 4

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  5. 5

    玉城知事の訴え効果あり 辺野古阻止は軟弱地盤が足がかり

  6. 6

    M&Aはコミットせず…赤字転落「RIZAP」子会社切り売り必至

  7. 7

    カネだけじゃない…ソフトBが持つ最大の武器は“世界の王”

  8. 8

    芸能記者ざわつく…朝ドラ共演の永野芽郁と志尊淳が接近?

  9. 9

    移民利権で私服を肥やす 天下り法人「JITCO」の“商売方法”

  10. 10

    日米野球で打率4割 SB柳田“33歳でメジャー挑戦”の現実味は

もっと見る