• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

松居一代劇場は“法廷編”へ 高級車所有もまさかの電車移動

 不敵な笑みを浮かべつつ、報道陣を引き連れて裁判所に向かうその姿はサスペンスドラマさながら。だが、大向こうから声を掛けるなら「役者やのう」(BY「嗚呼!!花の応援団」)という言葉が一番お似合いだ。

 女優の松居一代(60)と、夫で俳優の船越英一郎(57)の離婚調停が4日、東京家庭裁判所で開かれた。松居はこの日、世田谷区内の自宅から私鉄と地下鉄を乗り継いで霞が関へ。

 集まった報道陣に囲まれるも、船越を地獄の底に突き落とした“冗舌”はどこへやら。「ご苦労さまです」と一言のみで、約2時間の調停を終えても「お疲れさまでした」と調停については無言。そのまま、また切符を買って地下鉄に乗って自宅に帰って行ったのである。

 さしもの松居も離婚調停に際し神妙になっているかと思われたが、しかし、である。松居といえば先日、自身の還暦祝いに2000万円を超える高級車ベントレーをキャッシュで購入したばかり。他にもポルシェ、フィアットと高級車がずらりとガレージに並んでいるのだ。この日に限ってタクシーでもなく、電車移動とは松居流パフォーマンスと受け止められても仕方がないだろう。

 8月は大雨被害に遭った福岡・朝倉市でボランティア活動に励むなど芸能活動からは距離を置き、離婚調停に備えていた松居。船越よりよっぽど肝の据わった“役者”であることは確かだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    正反対キャラを演じきる 佐藤健“視聴率40%男”の存在感

  2. 2

    焼肉通いは序章…星野源が狙われる新垣結衣との要塞デート

  3. 3

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  4. 4

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  5. 5

    花田家は崩壊寸前…貴乃花親方は協会批判し妻は見舞い拒否

  6. 6

    追悼・樹木希林さん 貫いた“奇妙な夫婦愛”と“ドケチ伝説”

  7. 7

    二宮和也はジャニーズの“条件”拒み…伊藤綾子と来年結婚か

  8. 8

    安倍自民がブチあげ「省庁再々編」は国民ダマしの常套手段

  9. 9

    安倍首相が総裁選で獲得 地方票「55%」の怪しいカラクリ

  10. 10

    吉澤ひとみの逮捕で…「元モー娘。」相次ぐ謝罪の違和感

もっと見る