騒動から4年…矢口真里「再婚の壁」と元不倫相手の覚悟

公開日:

 タレントの矢口真里(34)がいよいよ再婚に向けて動きだした。同棲中の恋人で元モデルの梅田賢三(29)との間に動きがあり、さまざまな臆測を呼んでいる。

 梅田は2013年に矢口が自宅に連れ帰り、当時の夫で俳優の中村昌也(31)と鉢合わせになったことで知られる元不倫相手。この不倫騒動で矢口は中村と離婚し、1年間の芸能活動休止に追い込まれた。それから4年、矢口が先月の関西テレビの番組で「結婚したい」と話したのに続いて、このほど梅田が週刊誌の取材に「そう思ってくれているのはうれしいし、僕も男として応えなければいけないなと思っています」と堂々とコメントしたのである。

 梅田を直撃取材したベテラン芸能記者、青山佳裕氏が言う。

「僕は直撃する際に『○○さんですよね』とは切り出さないんです。たとえ本人でも違うと言われたり、そう前置きすることによって相手の本音に迫れないこともあるからです。でも今回は『梅田さんですね』と聞いてしまいました。険が取れたといいますか、雰囲気がガラリと変わり、茶髪でチャラチャラしたチャラ男のようだったのが、スラックスとシャツをきちんと着こなした大人、ごく普通のサラリーマン然としていたのです。突然の取材にもきちんと答えてくれ、結婚の意思を明言したあと、『ちゃんと食わしていかないといけませんから、ちゃんと働かないと』などと、矢口さんを養っていく決意を語ってくれました。雨降って地固まるの言葉通り、いろいろあったからこその成長であり決意なのだという印象でした」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  2. 2

    巨人ナインに深刻“長野ロス”…超気配り男の逸話伝説も数々

  3. 3

    裏交渉も暴露され…ロシア人も哀れむ安倍政権“土下座”外交

  4. 4

    自公3分の2圧勝シナリオ 1.28通常国会“冒頭解散説”急浮上

  5. 5

    海老蔵は“秒読み”? 没イチ男性が死別再婚する時の注意点

  6. 6

    仏当局捜査“飛び火”か 五輪裏金疑惑で日本政界が戦々恐々

  7. 7

    経団連会長が転換 「原発どんどん再稼働」に飛び交う憶測

  8. 8

    また生え抜き看板…巨人“大チョンボ”長野流出の真相と波紋

  9. 9

    アニキが勧誘も…前広島・新井が「阪神コーチ」断っていた

  10. 10

    初登場G球場で“孤独トレ” 丸は巨人で「我」を貫けるのか

もっと見る