• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
二田一比古
著者のコラム一覧
二田一比古ジャーナリスト

森本レオに石田純一 “迷ゼリフ”で振り返る芸能界の不倫史

 改めて芸能界の不倫史をひもとくと、当事者の弁解は興味深いものがある。

 真田広之と不倫した葉月里緒奈は「私が家庭を崩壊させたのではない。付き合い始めた時には家庭は壊れていた」と言ってのけた。「一線は越えていない」と弁解してバッシングされた今井絵理子に聞かせたい言葉だ。

 石田純一の「不倫は文化」は後世に残る名言となったが、俳優の森本レオも石田の派生のように「異文化交流」という新語で身をかわした。2人とも曖昧な言い訳だったが、さほどのダメージはなかった。

 曖昧表現の極みは昨年、芸妓との不倫が発覚するや即座に会見した中村芝翫だろう。すべての質問に「不徳の致すところでございます」と答えるだけで報道陣をケムに巻いた。かように弁解ひとつで世間の反応は違ってくる。

 2人の女性との不倫が報じられた雨上がり決死隊の宮迫博之(47)。口達者な芸人だけに迷言を期待したが、「下心はあったが、相手が断ったのでなにもなかった」と陳腐な弁解。芸人仲間すら信じる者はいない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  2. 2

    小池都知事の沖縄入り 狙いは二階“大幹事長”に媚び売りか

  3. 3

    「まだ監督じゃない」発言で騒動に…渦中の中畑清氏を直撃

  4. 4

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  5. 5

    突然の“密室”夕食会…安倍首相はトランプに何を飲まされた

  6. 6

    データ分析室も機能せず…巨人に“天敵投手”続々の真犯人

  7. 7

    豊漁が一転、不漁に…サンマは北海道地震を知っていたのか

  8. 8

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  9. 9

    ベンチの焦りが選手に伝染 今季巨人のBクラス争いは必然

  10. 10

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

もっと見る