二田一比古
著者のコラム一覧
二田一比古ジャーナリスト

森本レオに石田純一 “迷ゼリフ”で振り返る芸能界の不倫史

公開日:

 改めて芸能界の不倫史をひもとくと、当事者の弁解は興味深いものがある。

 真田広之と不倫した葉月里緒奈は「私が家庭を崩壊させたのではない。付き合い始めた時には家庭は壊れていた」と言ってのけた。「一線は越えていない」と弁解してバッシングされた今井絵理子に聞かせたい言葉だ。

 石田純一の「不倫は文化」は後世に残る名言となったが、俳優の森本レオも石田の派生のように「異文化交流」という新語で身をかわした。2人とも曖昧な言い訳だったが、さほどのダメージはなかった。

 曖昧表現の極みは昨年、芸妓との不倫が発覚するや即座に会見した中村芝翫だろう。すべての質問に「不徳の致すところでございます」と答えるだけで報道陣をケムに巻いた。かように弁解ひとつで世間の反応は違ってくる。

 2人の女性との不倫が報じられた雨上がり決死隊の宮迫博之(47)。口達者な芸人だけに迷言を期待したが、「下心はあったが、相手が断ったのでなにもなかった」と陳腐な弁解。芸人仲間すら信じる者はいない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  2. 2

    水道民営化のウラに…麻生財務相“身内に利益誘導”の怪情報

  3. 3

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  4. 4

    長澤まさみが表紙V15 「東宝カレンダー」泣き笑いの面々

  5. 5

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  6. 6

    50秒の電話で“暴力集団”押し付けられた千賀ノ浦親方の不運

  7. 7

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  8. 8

    30歳でNHK朝ドラ主演 戸田恵梨香ついに“後輩”に追いついた

  9. 9

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  10. 10

    酒グセも告白…キャラ変で復活の夏菜によぎる朝ドラの悪夢

もっと見る