二田一比古
著者のコラム一覧
二田一比古ジャーナリスト

森本レオに石田純一 “迷ゼリフ”で振り返る芸能界の不倫史

公開日: 更新日:

 改めて芸能界の不倫史をひもとくと、当事者の弁解は興味深いものがある。

 真田広之と不倫した葉月里緒奈は「私が家庭を崩壊させたのではない。付き合い始めた時には家庭は壊れていた」と言ってのけた。「一線は越えていない」と弁解してバッシングされた今井絵理子に聞かせたい言葉だ。

 石田純一の「不倫は文化」は後世に残る名言となったが、俳優の森本レオも石田の派生のように「異文化交流」という新語で身をかわした。2人とも曖昧な言い訳だったが、さほどのダメージはなかった。

 曖昧表現の極みは昨年、芸妓との不倫が発覚するや即座に会見した中村芝翫だろう。すべての質問に「不徳の致すところでございます」と答えるだけで報道陣をケムに巻いた。かように弁解ひとつで世間の反応は違ってくる。

 2人の女性との不倫が報じられた雨上がり決死隊の宮迫博之(47)。口達者な芸人だけに迷言を期待したが、「下心はあったが、相手が断ったのでなにもなかった」と陳腐な弁解。芸人仲間すら信じる者はいない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    福岡知事選で“麻生アレルギー” 学会や九州財界から爪弾き

  2. 2

    丸獲得でも変わらず 巨人がOP戦で露呈“広島恐怖症”の重篤

  3. 3

    NHKも優遇なし 青山アナに「育休中の給与返せ」批判の誤解

  4. 4

    北方領土「第2次世界大戦の結果論」というのは暴論である

  5. 5

    東京福祉大“消えた留学生”問題を招いた安倍政権の数値目標

  6. 6

    東京五輪で終電延長 鉄道各社が強いられる“ブラック労働”

  7. 7

    籠池氏が久々の爆弾発言「昭恵付職員が財務省室長と面会」

  8. 8

    ルノーと三菱グループ急接近か 日産含む“3社統合”への思惑

  9. 9

    指導者に興味なしイチローにオリックス「オーナー」就任案

  10. 10

    ベルギーで11得点 新顔FW鎌田大地「森保J」での期待値

もっと見る